PROJECT
PROJECT2022.04.07

スック メイクアップ / モーメント

日本的な情緒と大人らしさを表現する化粧品ショップ

(English below)

〈スック メイクアップ〉は化粧品ブランドSUQQUのテナント店舗である。
SUQQUの新店舗フォーマットとして「縦」「日本的な情緒」「大人らしさ」をもっとも大切にした。
ブランドコンセプトに「すっくとまっすぐに立つ立ち姿」とあり、ブランドロゴも縦組みが基調となって日本的な佇まいを想起させるところから、空間全体に垂直に広がる光で視覚的に「縦」を意識させ、それに直交する水平線に商品を端正に配列し、際立たせている。
従来の化粧品店舗の多くは百貨店の柱を囲むように並び、通路に面して商品を展開しているが、この店舗では店内に滞留するスペースがあったため、ゆっくり商品を吟味できる入店型のレイアウトを取り入れた。そのゆったりとしたスペースを活用し、すべてのリップが展開できる長いリップBARを設けている。
SUQQUのリップは「綿苺」や「⻩熟果」など、風情ある日本語の名称が与えられている。それも「縦」「日本的な情緒」を感じさせるユニークな個性と捉え、BARテーブルに商品名の漢字をあしらい、ブランドの持ち味を高めた。
商品に触れやすく試しやすい、そしてSUQQU本来の凛とした高級さを保ちながらも、親しみやすさを醸す店舗となった。(平綿久晃)

A cosmetics shop that expresses Japanese emotion and adultness

〈SUQQU MAKEUP〉 is a tenant store of the SUQQU cosmetics brand.
As a new store format for SUQQU, we placed the utmost importance on “verticality,” “Japanese sentiment,” and “adultness.
The brand’s concept of “standing up straight” and the brand’s logo, which is vertically aligned, evoke a Japanese appearance, and the light spreading vertically throughout the space visually creates an awareness of “verticality.
Most conventional cosmetics stores are lined up around the pillars of a department store, with the products facing the aisles. Still, this store had space for customers to stay in the store, so it adopted an entry-type layout that allows customers to examine the products at their leisure. We utilized the store’s spaciousness to create a long lip bar to display all the lip products.
SUQQU’s lipsticks are named in Japanese, such as “Cotton Strawberry” and “Yellow Yellow Ripe Fruit.” We decorated the bar table with the Chinese characters of the product names to enhance the brand’s unique personality, which is also perceived as “vertical” and “Japanese.”
We designed the store to make it easy to touch and try the products and create a friendly atmosphere while maintaining the dignified luxury that SUQQU is known for. (Hisaaki Hirawata)

【スック メイクアップ】

所在地:埼玉県さいたま市大宮区錦町630番地 ルミネ大宮 LUMINE2 2階
用途:店舗・アパレルショップ
クライアント:エキップ
竣工:2020年

設計:モーメント
担当:平綿久晃、渡部智宏、塩田優奈
施工:つむら工芸

撮影:荒木文雄

工事種別:リノベーション
計画面積:20.00m²
設計期間:2020.06-2020.07
施工期間:2020.08-2020.09

【SUQQU MAKEUP】

Location: 630 Nishikicho, Omiya-ku, Saitama-shi, Saitama, Japan
Principal use: Shop, Apparel shop
Client: e’quipe
Completion: 2020

Architects: MOMENT
Design team: Hisaaki Hirawata, Tomohiro Watabe, Yuna Shiota
Contractor: TSUMURA KOGEI

Photographs: Fumio Araki

Construction type: Renovation
Planning area: 20.00m²
Design term: 2020.06-2020.07
Construction term: 2020.08-2020.09

Other works

PROJECT2022.03.18

グレンフィールド / モーメント

革製品を引き立たせる手仕事感あふれる店舗空間
PROJECT2022.02.16

ビーバー / モーメント

油に満たされたような黄色い空間の揚げ物ラボ
PROJECT2022.04.01

ピサ ロイヤル / モーメント

象徴的なゲートでつながる上質なショッピング空間
PROJECT2022.02.25

ブリヂストン イノベーション ギャラリー / モーメント

体験を通してモビリティのイノベーションを学ぶミュージアム
PROJECT2022.03.11

ルメルクール / モーメント

さまざまな質感の白で食感を表現する洋菓子店

モーメント著『シームレス・デザインの思考』

CULTURE2022.08.21

モーメントによる"継ぎ目のないアイデア集"

新刊『シームレス・デザインの思考 〈MOMENT〉の実例にみる平面・空間・体験をつなぐメソッド』
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ