COMPETITION & EVENT

ルイ・ヴィトンのエキシビション「LOUIS VUITTON &」原宿にて5/16まで開催

ルイ・ヴィトンのエキシビション「LOUIS VUITTON &」が、東京・原宿駅前の商業施設「jing(ジング)」にて5月16日(日)まで開催されます。

※COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大防止のため、スケジュールが変更される場合があります。最新の開催状況は、会場ウェブサイト・SNSなどで確認してください

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

JR原宿駅前 会場[jing] ©︎LOUIS VUITTON / DAICI ANO

本展は、世界的なブランドであるルイ・ヴィトンが、世界中のアーティスト、建築家らと共にこれまでに行ってきたクリエイティブな交流やアーティスティックなコラボレーションを紹介するものです。会場は、没入型の10のスペースで構成されます。

Room1「クリティカルポイント」

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

Room1 序章:池田亮司によるマルチメディア・インスタレーション ©︎LOUIS VUITTON / DAICI ANO

Room2「ルイ・ヴィトン:受け継がれる真髄(こころ)」

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

Room2 ©︎LOUIS VUITTON / DAICI ANO

フェルメールの名画《牛乳を注ぐ女》を収納するためにアムステルダム国立美術館が発注した特別なトランクや、ダミアン・ハーストとのコラボレーションで誕生したカラフルな蝶があしらわれた「メディカル・キャビネット」など。
画面左側には、3名のアーティストが手掛けた創業者ルイ・ヴィトンのポートレイトが並ぶ。

Room3「アーティスティック・コラボレーション:伝統の創造」

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

Room3 ©︎LOUIS VUITTON / DAICI ANO

多彩なアーティストたちとのコラボレーション作品が並ぶ。歌舞伎俳優の第十一代市川海老蔵とのコラボレーションで誕生した、「モノグラム」の化粧ケース「ボワット・ファルマシー」は、ルイ・ヴィトンの「オブジェ・ノマド コレクション」から、マルセル・ワンダース スタジオがデザインしたラウンジチェア、nendoによる「サーフェス・ランプ」と吉岡徳仁の「ブロッサム・スツール」などの展示もあり。

Room4「シルクを彩るアート」

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

Room4 ©︎LOUIS VUITTON / DAICI ANO

建築家のフィリップ・スタルクがデザインしたスカーフや、磯崎 新とフランスのビジュアルアーティスト ジャン=ピエール・レノーによる、銀杏の葉をグラフィカルに再解釈したユニークなスカーフなどが見られる部屋。床と壁はスティーブン・スプラウスによるグラフィティ。

Room5「アイコンの再解釈」

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

Room5

ザハ・ハディッドが2006年にデザインした「バケッド・バッグ」(右)と、フランク・ゲーリーが設計した《フォンダンシオン ルイ・ヴィトン》の模型。その奥には、青木 淳が2004年に設計した《ルイ・ヴィトン銀座並木通り店》モックアップなどもあり、国内外の建築界の巨匠が揃い踏み。

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

©︎LOUIS VUITTON / DAICI ANO

カール・ラガーフェルドによる「パンチングバッグ」、シンディ・シャーマンがデザインした「スタジオトランク」、ヘルムート・ラングが手掛けた「DJトランク」などの展示。

Room6「川久保玲によるルイ・ヴィトンの世界」

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

Room6 川久保 玲による「バッグ ウィズ ホールズ」など ©︎LOUIS VUITTON / DAICI ANO

「バッグ ウィズ ホールズ」は、メゾンの象徴である「モノグラム」に6名の革新的なアーティストたちが独自の解釈を加えてつくり上げた、「アイコンとアイコノクラスト:Celebrating Monogram」と呼ばれる2014年のコラボレーションにおいて初めて登場したもの。
川久保 玲のほか、カール・ラガーフェルド、クリスチャン・ルブタンといったファッションデザイナーのほか、写真家兼映画監督のシンディ・シャーマン、プロダクトデザイナーのマーク・ニューソン、建築家のフランク・ゲーリーが参加したプロジェクト。
会場では、2014年以前に川久保とコラボレーションした際の作品も、”ホール”の向こうに見ることができる。

Room7「真っ白なキャンバスに見立てたバッグ」

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

Room7 ©︎LOUIS VUITTON / DAICI ANO

スティーブン・スプラウス、ジェフ・クーンズ、村上 隆ら現代美術のアーティストたちとのコラボレーションと、再解釈された「モノグラム」の展示。

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

©︎LOUIS VUITTON / DAICI ANO

12人のアーティストらが再解釈した限定コレクション「アーティーカプシーヌ」の展示。

Room8「ルイ・ヴィトンと日本:レザーグッズの伝説」

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

©︎LOUIS VUITTON / DAICI ANO

村上 隆とのコラボレーションの数々。同じ部屋の対面に、草間彌生の展示もあり。

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

Room8 ©︎LOUIS VUITTON / DAICI ANO

Room9「アートとファッションの出逢い」

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

Room9 ©︎LOUIS VUITTON / DAICI ANO

メゾンのウィメンズ&メンズのデザイナー(マーク・ジェイコブス、ニコラ・ジェスキエール、キム・ジョーンズ、ヴァージル・アブロー)と、スティーブン・スプラウス、リチャード・プリンスらアーティストとのファッションでのコラボレーション展示。ショーのランウェイ映像も流れている

Room10「ルイ・ヴィトンと日本:ファッショナブルなラブストーリー」

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

Room10 ©︎LOUIS VUITTON / DAICI ANO

三宅一生、川久保 玲、山本耀司ら日本のデザイナーたちとのコラボレーションで誕生したメンズのルックの数々。山本寛斎がデヴィッド・ボウイの衣装として提供した、ジャンプスーツこと「TOKYO POP」も。

ルックの対面では、3つの映像でルイ・ヴィトンの世界を表現。山本寛斎、藤原ヒロシ(フラグメントデザイン)、NIGO®のコレクションからインスパイアされた、来場者の動きに反応するインタラクティブな映像が登場します。

ギフトショップ

ルイ・ヴィトン エキシビション「LOUIS VUITTON &」

ギフトショップ ©︎LOUIS VUITTON / DAICI ANO

展覧会場の外には、建築家の菅原大輔(SUGAWARADAISUKE Architects)がデザインした本展のギフトショップが設けられています。厳選されたルイ・ヴィトンの小物をはじめ、「ギフティング」コレクション、テキスタイル、ファッション、ホーム & スポーツアクセサリー、フレグランス・コレクションのほか、メゾンの書籍も販売されます。(en)


#Louis Vuitton YouTube 公式チャンネル「LOUIS VUITTON & Exhibition in Tokyo | LOUIS VUITTON」(2021/03/19)

「LOUIS VUITTON &」開催概要

会期:2021年3月19日(金)〜5月16日(日)会期中無休※
開場時間:10:00-20:00(最終入場 19:30)※
※COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大防止のため、スケジュールが変更される場合があります。最新の開催状況は、会場ウェブサイト・SNSなどで確認してください
会場:jing(東京都渋谷区神宮前6-35-6 / Google Map
入場料:無料(入場日時の事前指定が必要)
入場方法:ルイ・ヴィトン 公式サイトより要予約
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/magazine/articles/lv-and

ルイ・ヴィトン関連記事

FEATURE2021.03.30
【内覧会Report】〈ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店〉がオープン、青木淳氏がまた新たなファサードデザインの境地を切り開く
CULTURE2021.02.13
青木淳とピーター・マリノが手がけた〈ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店〉3/20オープン、外装デザインが早くも話題
CULTURE2020.12.25
青木淳デザインの〈ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋〉5階に、アートスペース「エスパス ルイ・ヴィトン大阪」が来年2月オープン
CULTURE2020.10.08
ルイ・ヴィトンが2021年春夏 ウィメンズ・コレクションを、SANAAが改修設計を手がけるパリの老舗百貨店〈ラ・サマリテーヌ〉で開催
COMPETITION & EVENT2021.02.13
「エスパス ルイ・ヴィトン大阪」オープン記念「Fragments of a landscape(ある風景の断片)」展