COMPETITION & EVENT

重松象平氏がセノグラフィーを手がけた 「VISIONARY JOURNEYS」展

タイ・バンコクで話題の〈LV ザ・プレイス バンコク〉の没入型展示、空間デザインをOMAが担当

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton: LV)の新たな店舗で〈LV The Place Bangkok(LV ザ・プレイス バンコク)〉が、タイ・バンコク市の中心部にオープンしました。
ロケーションは、バンコク有数のショッピング・ゾーン、ラチャプラソン交差点にある[ゲイソン・アマリン](旧アマリンプラザ、2017年9月に「ゲイソン・ビレッジ」としてリニューアルオープン)の一角。エキシビジョン、ショップ、カフェ、レストランで構成され、〈LVザ・プレイス・バンコク〉に文化的な要素を加えた、ルイ・ヴィトンの新たなインターフェースとなりました。

LV The Place Bangkok(LV ザ・プレイス バンコク)

LV The Place Bangkok(LV ザ・プレイス バンコク)外観 ©︎LOUIS VUITTON

同店舗で最初のエキシビジョン「VISIONARY JOURNEYS(ビジョナリー ジャーニー)」は、5つのテーマに基づいた没入型の展示構成。会場のセノグラフィー(空間演出)を、OMAパートナーの重松象平氏が担当しています。
重松氏は、ルイ・ヴィトンとともにLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループを構成するブランドの1つ、ディオールが、2022年12月から2023年5月にかけて東京都現代美術館で開催された「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展においても没入型の会場のセノグラフィーを手がけ、話題となりました。

連日満員御礼の「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展 会場レポート&重松象平氏インタビュー:東京都現代美術館のアトリウムを魅惑の”夜会”へと変えた、建築家によるセノグラフィー

本稿は、OMAが2024年2月28日に公式ウェブサイトで発表したテキストと、ルイ・ヴィトン ジャパンが日本語で発信した2024年3月7日のプレスリリースをもとに作成しました(画像と動画データ:ルイ・ヴィトン提供 ©︎LOUIS VUITTON)。

LV「VISIONARY JOURNEYS」展

5つのテーマの1つ、「オリジン(Origins)」の展示空間 ©︎LOUIS VUITTON


重松象平(OMAパートナー)コメント

「ルイ・ヴィトンの会長兼CEOのピエトロ・ベッカーリ氏と彼のチームと協力し、ルイ・ヴィトンの次なる旅路のために、新たな展示空間づくりに貢献できたことを嬉しく思います。私たちは、メゾンのDNAの最も基本的な要素を掘り起こし、コンテンツの物理的、非物質的なクオリティを反映させたテーマルームを構築しました。本展において、建築は、鑑賞者が直感的に各テーマの背後にあるストーリーを発見し、吸収するよう誘う装置となります。」

「Visionary Journeys(ビジョナリー・ジャーニー)」概要

タイ・バンコクで初めて開催された「ヴィジョナリー・ジャーニー」は、ルイ・ヴィトンのエキシビジョン・デザインとアイデンティティに対して、OMAのコンセプトで表現したエキシビジョンの第一弾となります。

この旅路で語られるのは、メゾンの柱である、サヴォアフェール(Savoir-faire / 匠の技)、イノベーション(革新性)、ジャーニー(旅)、クリエイティビティ(創造性)にまつわる無数のストーリーです。

5つのテーマごとの展示空間(ルーム)では、メゾンがこれまでいかに創業者の伝統を称えつつ、先見性ある「Visionary(ビジョナリー)」なアーティスティック・ディレクターたちとともに未来を見据えてきたのかを、ルイ・ヴィトンのプロダクトやアーカイブを通して伝えています。

OMA パートナー・重松氏によるセノグラフィー

本展では、トランクスケープ(Trunkscape)、オリジン(Origins)、アイコニックなバッグ(Iconic Bags)、コラボレーション(Collaboration)、スーベニア(Souvenirs Room)の5つの展示空間(room)に分かれ、テーマごとに、タイポロジーによる展示が行われています。構造革新、無限のアーカイブフォーマット、素材の特徴や図像学(iconographies)などが抽出され、展示空間ごとに新たな要素に変換されます。

LV「VISIONARY JOURNEYS」展

「Trunkscape(トランクスケープ)」をテーマに〈マル・クリエ〉で構成された展示空間 ©︎LOUIS VUITTON

Room: Trunkscape(トランクスケープ)

最初の展示空間「トランクスケープ」は、ルイ・ヴィトンのストーリーの幕開けを告げるインスタレーションです。
このインスタレーションは、ルイ・ヴィトンの中核をなすクラフトマンシップと革新の歴史を象徴する代表的なプロダクトであるトランク〈マル・クリエ(クーリエ・ロジーヌ90)〉で構成されています。
〈マル・クリエ〉はトランクとして安定感を体現したプロダクトですが、今回のエキシビジョンでは、それをあえて不安定なものとして表現し、新たな環境を構想しています。96個のトランクをアーチ状に組み立てることで、構造的な完全性、強度、そして同時に軽さを表現。各トランクのモジュールは、木材のほか、ルイ・ヴィトンのアイコンであるモノグラム・キャンバスはもちろん、金具類には純正の部材が使用されているのがポイントです。特注のメタリック・リングで目立たないようにトランクを固定。四方を〈マル・クリエ〉のスクリーンで覆った魅惑的なエントランスで来場者を「ヴィジョナリー・ジャーニー」に誘います。


Room: Origins(オリジンズ)

LV「VISIONARY JOURNEYS」展

「オリジン(Origins)」がテーマの展示空間 ©︎LOUIS VUITTON

「Origins」の展示空間では、メゾンの初期の創設者の物語を紹介しています。
ルイ、ジョルジュ、ガストン・ルイ、そして彼らの子孫たち、ヴィトン家がメゾンにもたらした具体的かつ顕著な貢献にスポットをあて、メゾンの初期のストーリーを紹介しています。

LV「VISIONARY JOURNEYS」展

「オリジン(Origins)」の部屋 ©︎LOUIS VUITTON

 

クリエイティブなアイディアに溢れるヴィトン家の人々による歴史の集合体を物語る、何百もの文書のレプリカや42の作品が展示された空間、全体が生きたアーカイヴ、まさに好奇心を掻き立てるアイテムを集めたキャビネットです。過去のアーカイヴを静的に展示するのではなく、平面と立体を組み合わせた造作、ケース、テキスト、そしてビデオスクリーンが、3次元の格子状の骨組みに散りばめられたハイブリッドなディスプレイとなっています。ビジョナリーたちが紡いできたルイ・ヴィトンのストーリーが詰まった書物でライブラリーのように取り囲まれた空間は、記憶や知識、そしてイマジネーションで鑑賞者を包み込みます

 

LV「VISIONARY JOURNEYS」展

©︎LOUIS VUITTON

LV「VISIONARY JOURNEYS」展

©︎LOUIS VUITTON

LV「VISIONARY JOURNEYS」展

©︎LOUIS VUITTON


Room: Iconic Bags(アイコニックなバッグ)

LV「VISIONARY JOURNEYS」展

©︎LOUIS VUITTON

「アイコニックなバッグ」の展示空間は、メゾンの歴史に重要な瞬間を刻んだ、ブランドの最もアイコン的なバッグを巡る小旅行を提示しています。たとえば、スピーディとキープオール、アルマ、プティット・マル、そしてノエといった、LVのアイコン、21のバッグと2つのプレタポルテルックは、それぞれのバッグの形状・フォルムを強調するための透明なアクリル・バブルに包まれ、オブジェクトの4つのクラスターで構成されます。吊り下げられた球体は、時代を超えたルイ・ヴィトンの発明とその集合的なストーリーを表現した星座をイメージしています。

LV「VISIONARY JOURNEYS」展

Iconic Bags(アイコニックなバッグ)がテーマの展示空間 ©︎LOUIS VUITTON

LV「VISIONARY JOURNEYS」展

©︎LOUIS VUITTON


Room: Collaboration(コラボレーション)

LV「VISIONARY JOURNEYS」展

「Collaboration(コラボレーション)」がテーマの展示空間 ©︎LOUIS VUITTON

LV「VISIONARY JOURNEYS」展

©︎LOUIS VUITTON

「コラボレーション」の展示空間では、ルイ・ヴィトンのアイコンであるスピーディとキーポル(Keepall)をベースに構築されたコラボレーションを通して、メゾンの進化とクリエイティビティを表現しています。草間彌生やスティーブン・スプラウスといったコラボレーターたちが、時を重ねてきたメゾンのバッグに新たな息吹と物語を与え、現代の文脈を与えました。彼らとのコラボレーションにより、無限の可能性と、彫刻としてのバッグのエッセンスから着想を得てOMAがデザインした空間には、ディスプレイのオブジェとして、または常に変化するコンテンツの背景として機能する、クロームメッキされたバッグ184点が使用されています。
7つのオリジナル作品がメリーゴーランドのように回転しながら、半円形のアニメーション・スクリーンと同期し、反射仕様が施された展示空間を、各コラボレーターの特徴的な作品やオブジェのパターンが映し出される、シネマティックなショーケースへと変貌させます。来場者は、それぞれのコラボレーションのパターンに没入し、各アーティストとルイ・ヴィトンの間で創造された唯一無二の世界観を堪能することができます。

LV「VISIONARY JOURNEYS」展

©︎LOUIS VUITTON

LV「VISIONARY JOURNEYS」展

©︎LOUIS VUITTON


Store: Souvenirs Room(スーベニア)

最後の「スーベニア・ルーム」は、ルイ・ヴィトンの遊び心と楽しさを表現した空間です。
本展限定品として用意されたポスター、バッグ、ステッカー、ポストカードなどが、特大の自動販売機で販売されています。メゾンのエネルギッシュでプレイフルなアティチュードを表現したものです。
タイ・バンコクで初めて開催されたエキシビジョンのためのこの特別な自販機は、バンコクの夜市にみられる多様性と色彩、エキサイティングな雰囲気の集合体からインスピレーションを得てデザインされました。鏡張りの壁から反射する鮮やかな光のグリッドにディスプレイスクリーンと自動販売機が組み込まれ、カラフルなルイ・ヴィトンの世界で満たします。

LV The Place Bangkok(LV ザ・プレイス バンコク)

LV The Place Bangkok(LV ザ・プレイス バンコク)外観(夕刻) ©︎LOUIS VUITTON

Louis Vuitton Visionary Journeys Bangkok

Located on the ground level of the Gaysorn Amarin in Bangkok, the inaugural project adds a cultural component to “LV The Place Bangkok”, a new interface to Louis Vuitton integrating exhibition, café, store, and restaurant. Led by Partner Shohei Shigematsu and Project Leader Jesse Catalano, the scenographic experience recontextualizes historic and contemporary pieces through dreamlike environments reflecting the Maison’s pillars of savoir-faire, innovation, and creativity.

Shohei Shigematsu, Partner, OMA: “I’m excited to work with Pietro Beccari and his team and contribute a new exhibition scenography for the next chapter of Louis Vuitton’s journey. We mined the most fundamental elements of the Maison’s DNA to construct thematic rooms reflecting both physical and immaterial qualities of their contents. The architecture becomes a narrative device inviting viewers to intuitively discover and absorb the stories behind each theme.”

Visionary Journeys marks the first instalment of OMA’s concept for Louis Vuitton’s exhibition design and identity. Located on the ground level of the Gaysorn Amarin in Bangkok, the inaugural project is the cultural component to “LV The Place” a new interface to the Maison integrating exhibition, café, store, and restaurant.

The scenography recontextualizes historic and contemporary pieces through dreamlike environments. The most defining designs or moments of the Maison are quite literally translated into the environments containing them. Five thematic rooms—”Trunkscape”, “Origins”, “Iconic Bags”, “Collaboration”, and “Souvenirs”—is constructed using a specific display typology informed by its contents. Elements and techniques such as structural innovations, boundless archival formats, material qualities, and iconographies are extracted and translated into a kit of new parts for each room.

Trunkscape marks the beginning of the Louis Vuitton story with an installation constructed with the Courrier Lozine 90 trunk, the seminal product that represents the history of craft and innovation at the brand’s core. While the trunk embodies a sense of stability, we destabilize it to conceive a new environment. 96 trunks are assembled into an arch showcasing structural integrity, strength, and simultaneous lightness. Highlighting the ingenuity and quality of construction, each trunk module is built with genuine components—wood, Louis Vuitton’s iconic monogram canvas and authentic metallic details. A custom metallic ring discreetly holds the units in place. The resulting trunkscape is surrounded by screens that expand the surface for storytelling and transport viewers through a captivating portal into the exhibition.

Origins presents the story of the earliest founders of the Maison, highlighting the specific and notable contributions that Louis Vuitton, Georges Vuitton, Gaston Louis Vuitton, and their descendants made to the Maison. A collective history of creative minds is displayed in a cabinet of curiosities, an inhabitable archive of hundreds of document replicas and 42 physical artifacts. Rather than a static display of past relics on walls and plinths, a hybrid display of flat and three-dimensional artifacts, cases, text, and video screens are scattered across a three-dimensional grid armature. The open library wraps up and around the room, enclosing the viewers in a cloud of memories, knowledge, and imagination that compose the visionary narratives of Louis Vuitton.

Iconic Bags is an excursion through the brand’s most iconic bags that mark significant moments in the history of the Maison: Speedy and Keepall, Alma, Petite Malle, and Noe. LV Icons, 21 bags and 2 ready-to-wear looks are organized into four clusters of objects encased in clear acrylic bubbles that emphasize each bag’s shape and form. Suspended in space, the spheres of Louis Vuitton’s influence construct a constellation of timeless inventions and their collective story.

Collaboration displays the evolution and creativity of the brand through the collaborations built upon the foundation of an LV icon, the Speedy and Keepall. The Speedy and Keepall serves as a canvas for collaborators to give new life and narratives to the timeless bag, recontextualizing it to contemporary times. Drawing from the infinite possibilities through collaboration and the essence of bag as sculpture, an environment is created using 184 chrome-dipped bags that serve both as display objects and backdrops for ever-changing content. A rotating carousel of 7 original artifacts is synced to a semi-circle of animated screens that transform the reflective room into a cinematic showcase of each collaborator and the distinct artwork and pattern from the object.

Souvenirs Room expresses the fun and playful attitude of Louis Vuitton in an oversized vending machine of the brand ephemera as exhibition specific objects including posters, bags, stickers, and postcards. Unique to the inaugural exhibition in Bangkok, the design draws from the aggregation of diversity and color of the city’s night markets. A display screen and vending machine are integrated into a grid of vibrant colored lights that reflect off mirrored walls to fill the room with the colorful Louis Vuitton universe.

Reference source: OMA Website “WORK”
https://www.oma.com/projects/louis-vuitton-visionary-journeys-bangkok

 

#ダイジェストムービー ©︎LOUIS VUITTON 注.再生と同時にBGMが流れます


そのほかの付帯施設

RESTAULANT GAGGAN at LOUIS VUITTON(レストラン ガガン・アット・ルイ・ヴィトン)

RESTAULANT GAGGAN at LOUIS VUITTON(レストラン ガガン・アット・ルイ・ヴィトン)

RESTAULANT GAGGAN at LOUIS VUITTON(レストラン ガガン・アット・ルイ・ヴィトン) ©︎LOUIS VUITTON

RESTAULANT GAGGAN at LOUIS VUITTON(レストラン ガガン・アット・ルイ・ヴィトン)

バンコクを拠点とする著名なインド料理のシェフ、ガガン・アナンド(Gaggan Anand)氏のレストラン。南アジアではルイ・ヴィトンとして初のレストランであり、タイの風味とルイ・ヴィトンの特徴的なスタイルを組み合わせたメニューを展開 ©︎LOUIS VUITTON

RESTAULANT GAGGAN at LOUIS VUITTON(レストラン ガガン・アット・ルイ・ヴィトン)

©︎LOUIS VUITTON

RESTAULANT GAGGAN at LOUIS VUITTON(レストラン ガガン・アット・ルイ・ヴィトン)

RESTAULANT GAGGAN at LOUIS VUITTON(レストラン ガガン・アット・ルイ・ヴィトン)

テーブルウェア ©︎LOUIS VUITTON

レストラン ガガン メニューの例

レストラン ガガン メニューの例 ©︎LOUIS VUITTON

レストラン ガガン メニューの例

©︎LOUIS VUITTON


LE CAFE LOUIS VUITTON(ル・カフェ ルイ・ヴィトン)

LE CAFE LOUIS VUITTON(ル・カフェ ルイ・ヴィトン)

LE CAFE LOUIS VUITTON(ル・カフェ ルイ・ヴィトン) ©︎LOUIS VUITTON

LE CAFE LOUIS VUITTON(ル・カフェ ルイ・ヴィトン)

©︎LOUIS VUITTON

LE CAFE LOUIS VUITTON(ル・カフェ ルイ・ヴィトン)

©︎LOUIS VUITTON

LE CAFE LOUIS VUITTON(ル・カフェ ルイ・ヴィトン)

©︎LOUIS VUITTON

LE CAFE LOUIS VUITTON(ル・カフェ ルイ・ヴィトン)

©︎LOUIS VUITTON

LE CAFE LOUIS VUITTON(ル・カフェ ルイ・ヴィトン)

©︎LOUIS VUITTON

LE CAFE LOUIS VUITTON(ル・カフェ ルイ・ヴィトン)

©︎LOUIS VUITTON

〈LV The Place Bangkok(LV ザ プレイス バンコク)〉店舗概要

所在地:ゲイソン ビレッジ、ゲイソン アマリン、G階
adress: 496 Gaysorn Amarin, Unit 2F-S01-A, Second Floor, 502 Phloen Chit Rd, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330, Thailand(Google Map
営業時間:展覧会・カフェ・ストア 10:00-20:00 / レストラン 12:00-23:00
定休日:火・水曜

〈LV The Place Bangkok(LV ザ プレイス バンコク)〉

ストア 内観 ©︎LOUIS VUITTON

〈LV The Place Bangkok(LV ザ プレイス バンコク)〉

ストア エントランス ©︎LOUIS VUITTON

LV The Place Bangkok(LV ザ・プレイス バンコク)

LV The Place Bangkok(LV ザ・プレイス バンコク)外観(夜間) ©︎LOUIS VUITTON

ゲイソン ビレッジ ウェブサイト 店舗ページ
https://www.gaysornvillage.com/en/adore-archive/lv-the-place-bangkok-opens-as-a-new-360-concept/

LV Website Store page
https://th.louisvuitton.com/tha-th/magazine/articles/lv-the-place-bangkok

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

重松象平氏による「ディオール展」のセノグラフィー

FEATURE2023.04.01

連日満員御礼の「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展【会場レポート】

OMA NYを率いる重松象平氏インタビュー:東京都現代美術館のアトリウムを魅惑の"夜会"に変えたセノグラフィー
COMPETITION & EVENT2022.12.21

東京都現代美術館「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展

OMAパートナーの重松象平氏がセノグラフィーを手がけた展覧会【会場レポート速報!】

重松象平 / OMA TOPICS

FEATURE2022.01.07

【重松象平特集】天神ビジネスセンター大解剖

OMA NYを率いる建築家が地元・福岡で手がけた大型プロジェクト
CULTURE2023.04.22

NY五番街のティファニー本店がリニューアル、"The Landmark"が誕生

OMA NYの重松象平とピーター・マリノによるリノベーション
CULTURE2023.11.14

大通りの活気を垂直方向へと導く超高層ビル

OMA重松象平氏による〈虎ノ門ヒルズ ステーションタワー〉が竣工
CULTURE2024.03.05

重松象平氏が 2023毎日デザイン賞 受賞

「感性のあるグローバリズム」についてのインタビュー動画も公開

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)TOPICS

CULTURE2020.12.25

アートスペース「エスパス ルイ・ヴィトン大阪」2021年2月オープン

青木淳デザインの〈ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋〉5階に
FEATURE2021.03.30

【内覧会Report】〈ルイ・ヴィトン 銀座並木通り店〉がオープン

青木淳氏がまた新たなファサードデザインの境地を切り開く
COMPETITION & EVENT2021.04.10

「LOUIS VUITTON &」

ルイ・ヴィトンのエキシビション 東京・原宿にて5/16まで開催
COMPETITION & EVENT2022.07.02

「SEE LV」展 7/8より東京ミッドタウン芝生広場にて開催

歴史的プロダクトと没入型の映像インスタレーションを展開、メゾンの世界を探求する旅へ!
COMPETITION & EVENT2022.11.30

ルイ・ヴィトンと草間彌生が東京の街をジャック!

11/29より期間限定で都内各所に多彩なコンテンツが登場
CULTURE2020.10.08

ルイ・ヴィトン 2021年春夏 ウィメンズ・コレクション

SANAAが改修設計を手がけるパリの老舗百貨店〈ラ・サマリテーヌ〉で開催
CULTURE2021.06.16

ルイ・ヴィトン「2022ウィメンズ クルーズ・コレクション」

ダニ・カラヴァンの大都市軸〈アックス・マジャール〉を舞台に
CULTURE2021.07.11

ルイ・ヴィトン メンズ「2021秋冬メンズ・コレクション」スピンオフショー

建設現場のようなショーセット、出演はBTS / 防弾少年団
CULTURE2022.05.13

ルイ・ヴィトン×ルイス・カーン

〈ソーク研究所〉にてファッションショー開催、5/13 10:45(日本時間)よりライブ配信
PRODUCT2021.07.28

「ルイ・ヴィトン ホライゾン ライト・アップ スピーカー」

LVから"旅する"ワイヤレス スピーカーが登場!
PRODUCT2021.09.27

フランク・ゲーリーがルイ・ヴィトンのフレグランスボトルをデザイン!

彫刻的な観点からのゲーリーらしいアプローチ
PRODUCT2022.01.08

ルイ・ヴィトンのコネクテッド ウォッチに第3世代登場

アートとテクノロジーをシームレスに融合した〈タンブール ホライゾン ライト・アップ〉
PRODUCT2022.08.29

ルイ・ヴィトンの新たな旅するかたち

ライティングデスクを収納した〈セクレテール・ビュロー 2.0〉発売
CULTURE2023.05.04

ルイ・ヴィトン『LOUIS VUITTON SKIN: THE ARCHITECTURE OF LUXURY』刊行

力強い視覚体験を創出するファサード(スキン)の旗艦店など、世界各都市を旅してメゾンのアイデンティティを伝える
CULTURE2023.10.15

ルイ・ヴィトン×草間彌生『Creating Infinity: Yayoi Kusama × Louis Vuitton』

斬新な円形ケースで4色展開、NYの名門・Rizzoli(リッツォーリ)が編集・発行

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • EXHIBITION
  • タイ・バンコクで話題のルイ・ヴィトンの〈LV ザ・プレイス バンコク〉の没入型エキシビジョン 「VISIONARY JOURNEYS」展のセノグラフィーをOMAパートナーの重松象平氏が担当
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ