PROJECT
PROJECT2022.02.18

BRIANZA TOKYO / SWeeT

和洋折衷の空間でラテンイタリアン料理を提案するレストラン

(English below)

東京駅新幹線口の目の前にそびえ立つ常盤橋タワー2階に構えるレストラン。気鋭のシェフ奥野義幸氏によるラテンイタリアンという新ジャンルのレストランで使われるのは。世界各国の食材。そのことよりデザインテーマを「和洋折衷」とし、さまざまな要素をミックスしながら調和とバランスのとれた空間を目指した。
ナチュラルな色調の中にターコイズブルーをポイントとした空間は、リラックスしながら美味な料理を堪能できる美食空間に仕上がっている。(佐野岳士)

A restaurant that proposes Latin Italian cuisine in a Japanese-Western eclectic space

The restaurant is located on the second floor of the Tokiwabashi Tower, right in front of the Shinkansen exit of Tokyo Station. The restaurant is a new genre of Latin-Italian cuisine by up-and-coming chef Yoshiyuki Okuno and uses ingredients worldwide. The theme of the design is “Japanese and Western Eclecticism,” whose aim was to create a harmonious and balanced space while mixing various elements.
The natural color scheme with turquoise blue as a point of interest creates a gourmet space to relax and enjoy the delicious cuisine. (Takeshi Sano)

【BRIANZA TOKYO】

所在地:東京都千代田区大手町2-6-4 常盤橋タワー2F
用途:レストラン・食堂
クライアント:Signal
竣工:2021年

設計:SWeeT
担当:佐野岳士
照明計画:ModuleX
什器・家具:THE VINTAGE HOUSE
施工:藤田建装

撮影:ナカサアンドパートナーズ

工事種別:新築
延床面積:271.86m²
設計期間:2019.11-2021.01
施工期間:2021.02-2021.05

【BRIANZA TOKYO】

Location: Tokiwabashitower 1F, 2-6-4 , Ote-machi, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
Principal use: Restaurant, Cafeteria
Client: Signal
Completion: 2021

Architects: SWeeT
Design team: Takeshi Sano
Lighting design: ModuleX
FFE: THE VINTAGE HOUSE
Contractor: Fujita kenso

Photographs: Nacása & Partners

Construction type: New building
Total floor area: 271.86m²
Design term: 2019.11-2021.01
Construction term: 2021.02-2021.05

Other works

PROJECT2022.01.06

CIELITO LINDO BAR AND GRILL / SWeeT

ボタニカルな設えでテラスと一体となるメキシコ料理店
PROJECT2022.01.17

THE RIGOLETTO / SWeeT

混沌と普遍を表現するカジュアルダイニング
PROJECT2022.01.12

銀座 すし天 / SWeeT

“令和浪漫”をかたちにした飲食店
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ