CULTURE

ブルーボトルコーヒー初の「ロッカー式カフェ」が期間限定で渋谷スクランブルスクエアに12/1オープン、デザインはスキーマ建築計画

CULTURE2021.11.25

建築家の長坂 常氏が率いる設計事務所、スキーマ建築計画がデザインを手がけた、ブルーボトルコーヒーのポップアップショップが、東京・渋谷の[渋谷スクランブルスクエア]の3Fにオープンします。

2021年12月1日により期間限定で開設されるのは、渋谷スクランブルスクエアの2フロア。2階のSpace2に物販中心の〈ブルーボトルコーヒー ポップアップストア 渋谷スクランブルスクエア〉と、3階のPOP UPスペースにポップアップカフェ〈BLUE BOTTLE COFFEE Pop Up Cafe – Shibuya -〉の2つ。物販とカフェと、それぞれで機能を分け、前者を博展が、後者をスキーマ建築計画がデザインを担当しています。

注目は、スキーマ建築計画が設計した、3階のポップアップカフェ〈BLUE BOTTLE COFFEE Pop Up Cafe – Shibuya -〉。世界中に店舗を展開するブルーボトルコーヒーとして初の「ロッカー式のカフェ」となります(本稿1枚目の画:イメージ)
忙しく人々が行き交う渋谷のまちなかでも、オーダーからドリンクの受け取りをスムーズに、かつ美味しいコーヒーをシームレスに受け取れるカフェをつくりたいという思いから誕生しました。

ブルーボトルコーヒー ポップアップストア 注文パネル

オーダー専用端末(デザイン・システム構築:ニューイノベーションズ)

ポップアップカフェ〈BLUE BOTTLE COFFEE Pop Up Cafe – Shibuya -〉で提供されるのは、10種のドリンク(ホット・アイス)と、ペイストリー。ロッカーの背後にバリスタが常駐していますが、注文はタッチパネルで行われます。
ロッカー式カフェの側面に、タッチ式のスクリーンからメニューをオーダーできる専用の端末を設置。画面に表示されるパネル上では、注文されたドリンクにあわせて、ペイストリーの提案も行われます。
注文後、バリスタが淹れるスペシャルティコーヒーができあがると、専用ロッカーの指定のセルが光を発し、注文者にドリンクの完成をスマートに伝えるというシステムです。

ブルーボトルコーヒージャパンのプレスリリースによれば、ブルーボトルコーヒーのブランド創始者ジェームス・フリーマンが、心地よさを残したままで、シームレスなカフェ体験を提供したいと考えた、蜂の巣のような温かみのあるイメージを、スキーマ建築計画が具現化。温もりのある木の素材や、蜂蜜をイメージしたアクリル素材を用いて、ロッカーというワードから連想されるイメージをあざやかに裏切るデザインが完成したとのこと。

来店者とバリスタをつなぐオリジナルのシステムの構築とデザインは、「あらゆる業界を無人化する」をビジョンに事業を展開する New Innovations(株式会社ニューイノベーションズ)が担当しています。

〈ブルーボトルコーヒー ポップアップストア 渋谷スクランブルスクエア〉

渋谷スクランブルスクエア2F〈ブルーボトルコーヒー ポップアップストア 渋谷スクランブルスクエア〉 店舗デザイン:博展

2階 Space2にオープンする〈ブルーボトルコーヒー ポップアップストア 渋谷スクランブルスクエア〉では、クリスマス・シーズンにあわせ、今月9日より商品の一部が発売されている、シカゴに拠点を置くデザイナーでアーティストのコーディ・ハドソン氏とのコラボレーションで誕生した「ブルーボトルコーヒー ホリデーギフトコレクション 2021」を含む、60種類以上の商品を展開。オリジナルデザインのジオメトリック柄のホリデーマグやミニカップ、オーナメントコレクション、ウィンターブレンドのコーヒー豆やドリッパーなどを取り扱います。(en)

ブルーボトルコーヒー ホリデーギフトコレクション 2021

ブルーボトル x コーディーハドソン オーナメントコレクション(12月1日発売)

ブルーボトルコーヒー ホリデーギフトコレクション 2021

ブルーボトルコーヒー ホリデーギフトコレクション 2021(一部)

ポップアップ店舗概要
〈BLUE BOTTLE COFFEE Pop Up Cafe – Shibuya -〉
設置場所:3F POP UP スペース
〈ブルーボトルコーヒー ポップアップストア 渋谷スクランブルスクエア〉
設置場所:2F Space2
営業時間:10:00-21:00(共通 / 但し、渋谷スクランブルスクエアの営業時間に準じる)
設置期間:2021年12月1日(水)〜2022年2月15日(火)

渋谷スクランブルスクエア公式Webサイト
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目24-12Google Map

ブルーボトルコーヒー公式Webサイト
https://store.bluebottlecoffee.jp/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

ブルーボトルコーヒー×スキーマ建築計画 関連記事

PROJECT2020.04.19

ブルーボトルコーヒー三清カフェ / スキーマ建築計画

場所の特性を利用し、個性あるフロアを展開したカフェ
CULTURE2020.05.13
スキーマ建築計画が設計した、香港1号店〈ブルーボトルコーヒー 香港カフェ〉内外観の写真
CULTURE2020.06.26
スキーマ建築計画がデザインした〈ブルーボトルコーヒー NEWoMan YOKOHAMA カフェスタンド〉グランドオープン
CULTURE2020.07.23
スキーマ建築計画が空間デザインを手がけた〈ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ〉が小学校を再生した複合施設にオープン
CULTURE2020.09.12
長坂常 / スキーマ建築計画が内装デザインした〈ブルーボトルコーヒー 竹芝カフェ〉9月14日オープン
CULTURE2021.04.09
長坂常デザイン監修、〈ブルーボトルコーヒー京都カフェ〉はなれ2階がコースメニューを提供する予約制フロア「The Lounge -Kyoto-」にリニューアル

博展 関連記事

COMPETITION & EVENT2020.08.06
未来のモビリティ社会を描く〈ニッサン パビリオン〉が横浜に期間限定オープン
COMPETITION & EVENT2021.08.13
銀座の生態からサステナビリティを考察する、資生堂 銀座オフィスのウィンドウアート
CULTURE2021.08.15
パノラマティクスが企画・監修した横須賀市の平和モニュメント「THE AXIS OF PEACE」
PROJECT2021.11.15

fireworks studios / HAKUTEN CREATIVE

印刷工場の記憶を残してありのままを演出したイベントスペース

ブルーボトルコーヒー 関連記事

FEATURE2020.11.28

Special report & Interview: BLUE BOTTLE COFFEE MINATOMIRAI CAFE with Keiji Ashizawa

特別レポート&インタビュー:ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ / 芦沢啓治
CULTURE2021.03.22
ブルーボトルコーヒー初の公園内カフェが渋谷にオープン、空間デザインは芦沢啓治建築設計事務所が担当
CULTURE2021.07.15
ブルーボトルコーヒー梅田茶屋町カフェが7/24オープン! 空間デザインは I INが担当、パノラマティクスによる体験型ラウンジスペースも
CULTURE2021.07.25
ブルーボトルコーヒーがNIGO®氏の原宿新店舗内に進出、〈HUMAN MADE Cafe by Blue Bottle Coffee〉がオープン
FEATURE2021.09.18
〈ブルーボトルコーヒー 白井屋カフェ〉が前橋にオープン、芦沢啓治建築設計事務所が空間デザインを担当【内覧会レポート】
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • ブルーボトルコーヒー初の「ロッカー式カフェ」が期間限定で渋谷スクランブルスクエアに12/1オープン、デザインはスキーマ建築計画
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ