CULTURE

『タイニーハウス・デザイン 世界中の洗練された小さな家47選』

快適さとサステナビリティを兼ね備えたダウンサイジングの住まいを紹介、グラフィック社 8月の新刊

CULTURE2023.08.06

グラフィック社から、新刊『TINY HOUSE DESIGN タイニーハウス・デザイン 世界中の洗練された小さな家47選』が8月に刊行されます。

新刊環境に配慮する建築の時代となった現代、草原のワンルームから先進的な仮設住宅、ツリーハウスや”天文台になる家”まで、世界各地のさまざまな場所に建てられた、洗練されたデザインのタイニーハウス(小さな家)47作品が1冊に収録されています。

グラフィック社『TINY HOUSE DESIGN タイニーハウス・デザイン 世界中の洗練された小さな家47選』

〈The Hive Austin(オースティンの巣箱)〉 設計:Nicole Blair(2015)

グラフィック社『TINY HOUSE DESIGN タイニーハウス・デザイン 世界中の洗練された小さな家47選』

〈The Hive Austin(オースティンの巣箱)〉 設計:Nicole Blair(2015)

グラフィック社『TINY HOUSE DESIGN タイニーハウス・デザイン 世界中の洗練された小さな家47選』

〈Treeh Biosphere(生物圏ツリーホテル)〉 設計:Bjarke Ingels Group(2022)

グラフィック社『TINY HOUSE DESIGN タイニーハウス・デザイン 世界中の洗練された小さな家47選』

〈Niliaitta – Kivijärvi Resort(一本足の木箱 キビヤルビ・リゾート)〉 設計:Studio Puisto Architects(2020)

グラフィック社『TINY HOUSE DESIGN タイニーハウス・デザイン 世界中の洗練された小さな家47選』

〈In Praise of Shadows – Writers’ Cabin(陰翳礼讃 -作家小屋)〉 設計:Rintala Eggertsson Architects(2017)

グラフィック社『TINY HOUSE DESIGN タイニーハウス・デザイン 世界中の洗練された小さな家47選』

〈Immerso Diamond(浸れるダイヤモンド)〉 設計:Fabio Vignolio & Francesca Turnaturi(2020)

目次

Introduction(はじめに)
〈The Hive Austin(オースティンの巣箱)〉 設計:Nicole Blair
〈The Orchid Tiny Home(南色のタイニーハウス)〉設計:David Latimer & New Frontier Design
〈Woodnest(木の巣)〉 設計:Helen & Hard Architects
〈Chandler Boulevard Tiny Home Village(チャンドラー大通り小住宅集落)〉 設計:Lehrer Architects
〈Mooble House(ムーブル・ハウス)〉 設計:Mooble House
〈Circular Tiny House(循環型タイニーハウス)〉 設計:Rainer Hirth, Anders Macht, Christopher Nguyen, Til-Olver Frank ほか
〈GlamBOX Project(グランピング計画)〉 設計:Studio Officina82
〈Treeh Biosphere(生物圏ツリーホテル)〉 設計:Bjarke Ingels Group
〈Tochka na Karte(地図上の点)〉 設計:Rhizome
〈The Perch(とまり木)〉 設計:Nicole Blair
〈Cabin One(小屋その1)〉 設計:Home One
〈Half-Tree House(片側ツリーハウス)〉 設計:Jacobschang Architecture
〈LumiPod(キラキラ丸容器)〉 設計:Lumicene
〈Cabin Y(小屋Y)〉 設計:dmvA
〈Tiny House Mavea(タイニーハウス・マフェア)〉 設計:Kms Tinyhouse Manufaktur
〈Niliaitta – Kivijärvi Resort(一本足の木箱 キビヤルビ・リゾート)〉 設計:Studio Puisto Architects
〈Cruachan Beag(小さな都)〉 設計:BARD
〈Suspended Villa(高床式の別荘)〉 設計:Ev Design Office
〈Tiny House Moritz(タイニーハウス・モーリッツ)〉 設計:Tiny Homeland
〈The Hermitage(世捨て人の庵)〉 設計:llabb architettura
〈Knapphullet(ボタン穴)〉 設計:Lundhagem
〈Topol 27(トボル 27)〉 設計:DublCom
〈Melides Tree House(メリデス ツリーハウス)〉 設計:Made guincho Atelier

グラフィック社『TINY HOUSE DESIGN タイニーハウス・デザイン 世界中の洗練された小さな家47選』目次
グラフィック社『TINY HOUSE DESIGN タイニーハウス・デザイン 世界中の洗練された小さな家47選』目次

〈Estúdio Elo(つながる仕事場)〉 設計:Ticiane Lima
〈Rausx Sigurd Larsen(ラウス×シグルド・ラーセン)〉 設計:Raus & Sigurd Larsen Architekten
〈In Praise of Shadows – Writers’ Cabin(陰翳礼讃 -作家小屋)〉 設計:Rintala Eggertsson Architects
〈Observatory Tiny House(天文台になるタイニーハウス)〉 設計:MNDA studio
〈Casa Proa(舳先の赤)〉 設計:Atelier Marko Brajovic
〈Cabin Anna(アンナの小屋)〉 設計:ANNA
〈Micro Home in Warsaw(ワルシャワの極小住宅)〉 設計:DESEA Architects & Adam Pszczółkowski
〈Permanent Camping(永久野営2)〉 設計:Rob Brown(Caseybrown architecture) & Antje Mahler(Caseybrown architecture)
〈Brette Haus Rustic(田園風木造小屋)〉 設計:Brette Haus
〈Cabana(カパーニャ / 小屋)〉 設計:Lea Arquitetura e Urbanismo
〈Wikkelhouse(包み紙の家)〉 設計:Wikkelhouse
〈MUMA Hut(母なる小屋)〉 設計:Wewilder Studio & Miodrag Stoianov
〈Luna Tiny Home(女神のタイニーハウス)〉 設計:David Latimer & New Frontier Design
〈Immerso Diamond(浸れるダイヤモンド)〉 設計:Fabio Vignolio & Francesca Turnaturi
〈Quatro(傾斜4度)〉 設計:Land Ark RV
〈Vacation Home Ahmen Farm(アーメン農園休暇小屋)〉 設計:Atelier Sunder-Plassmann
〈Maidla Nature Villa Kaseke(マイドラ自然別荘「白樺」)〉 設計:Man Hunt & b210 architects
〈Levitz Murphy Kithaus(レヴィッツ・マーフィー家屋キット)〉 設計:Kit Haus
〈Flokehyttene(もつれ小屋)〉 設計:Holon Architecture
〈The Trahan(トラハン家)〉 設計:Fritz Tiny Homes
〈The Sanna Hut(サナの小屋)〉 設計:Echo Living
〈Norwegian Bathhouse(ノルウェー流更衣室)〉 設計:Handegård Arkitektur
〈Wikihouse Petit Place(ウィキで作る小屋・ 薄型空間)〉 設計:Roos Ros Architecten
〈Freedomek No.13(自由の家13号)〉 設計:Freedomky

Index(索引)
Picture Credits(写真協力)


著者プロフィール
リサ・ベイカー(Lisa Baker)
1982年、アイルランドに生まれる。世界各国を旅したのち、ダブリン大学でジャーナリズムと建築学を学ぶ。2008年にドイツに移住後、出版社・雑誌の仕事を手がけている。
主な著作に、Braun Pub Ag社から刊行された『Built on Water: Floating Architecture + Design』(2014)、『The Sub/Urban Idea: From Terraced Houses to Residential Estates』(2016)、『Tiny Interiors: Compact Living Spaces』(2019)などがある。

『TINY HOUSE DESIGN タイニーハウス・デザイン 世界中の洗練された小さな家47選』書籍概要

著者:リサ・ベイカー
訳者:大久保ゆう
判型(体裁):A4変形(並製)
総頁数:224ページ
定価(10%税込):4,070円
ISBN:978-4-7661-3802-3
発売日:2023年8月
版元:グラフィック社

書籍詳細
http://www.graphicsha.co.jp/detail.html?p=51431

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

本書で紹介されているタイニーハウス

CULTURE2022.03.28

森に浮かぶ350の鳥かごに包まれたホテル

BIGがデザインした自然と共生する宿泊体験を提供する〈バイオスフィア〉

タイニーハウス TOPICS

COMPETITION & EVENT2020.11.15
タイニーハウスやモバイルハウスが集合!「TINYHOUSE FESTIVAL 2020」11/20-23 南池袋公園で開催
CULTURE2021.01.29

アウトドアホテル〈TENAR〉

生物建築舎が設計したモバイルハウスをキャビンとして、長野県安曇野市ほかにオープン
COMPETITION & EVENT2021.06.29
日本モバイル建築協会設立記念シンポジウム7/8開催、災害発生時に必要とされる「社会的備蓄」への取り組みなどを討議
PRODUCT2022.04.25

テレワークを後部座席で快適に

イトーキと日産自動車がモバイルオフィスカー〈MOOW(ムーウ)〉を共同開発
PRODUCT2021.03.08
ニーズとシーンにあわせて空間ごと移動する〈Mobile Space 箱部屋(モバイルスペース ハコベヤ)〉
PRODUCT2020.12.16
建築用10フィートコンテナを転用した〈モバイルクリニック™LITE〉

グラフィック社 刊行書籍

CULTURE2022.03.06

25名のデザイナー、研究者らによる読書案内

新刊『グラフィックデザイン・ブックガイド 文字・イメージ・思考の探求のために』
CULTURE2022.07.09

『ケリー・ヒル建築全集』7/8刊行

アマンやザ・ラルーなど、KHAを率いた建築家が手掛けたプロジェクトを収録
CULTURE2022.08.06

新刊『アンビルト 実現しなかった建築プロジェクト』

渋谷や新宿はこうなっていた? 磯崎、ザハ、バワらの未完の建築や構想を紹介
CULTURE2022.08.21

モーメントによる"継ぎ目のないアイデア集"

新刊『シームレス・デザインの思考 〈MOMENT〉の実例にみる平面・空間・体験をつなぐメソッド』
CULTURE2023.07.09

新刊『世界のリノベーション建築 創造的リユースをめざして』

持続可能性とリユース戦略を実践した35のプロジェクトを紹介
CULTURE2023.09.03

グラフィック社 9月新刊『坂 茂 木の建築』

建築家・坂 茂による巨大木造プロジェクト45のすべて
CULTURE2023.09.16

新刊『建築家・内藤廣/BuiltとUnbuilt 赤鬼と青鬼の果てしなき戦い』

島根県立石見美術館で本日開幕した過去最大規模の個展の公式図録、会場にて先行販売
CULTURE2024.03.09

構造家8組の21作品を紐解く 新刊『構造デザインの現場』

革新的な構造はいかにして生み出されているのか?
CULTURE2024.03.17

『クック・トゥ・ザ・フューチャー 3Dフードプリンターが予測する24の未来食』

破壊的イノベーションで進化する未来の食卓を描いたSFフードテック本

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • グラフィック社 新刊『タイニーハウス・デザイン 世界中の洗練された小さな家47選』
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ