CULTURE

グラフィック社 9月新刊『坂 茂 木の建築』

建築家・坂 茂による巨大木造プロジェクト45のすべて

CULTURE2023.09.03

東京、パリ、ニューヨークをに拠点を構え、国際的に活躍する日本人建築家の一人、坂 茂(ばん しげる|1957〜)。1985年に坂茂建築設計を設立して以降、手がけてきた木造プロジェクトは、プレハブ式の合板住宅からコンピュータ制御で造形された集成材のグリッドシェルなど、65以上におよびます。これら中から45の木造プロジェクトを選んで収録した書籍が、グラフィック社から9月に刊行されます。

巻頭には、坂 茂のほか、環境活動家のポール・ホーケン(Paul Gerard Hawken|1946〜)、スイスの木造エンジニアで、坂とともに建設に携わるヘルマン・ブルーマー(Hermann Blumer|1943〜)によるエッセイも収録。設計図、写真、解説文をもとに、コンセプトから施工までのプロセスをたどり、坂 茂による木の建築の真髄とその魅力に迫ります。

グラフィック社『坂 茂 木の建築』

坂茂建築設計〈ポンピドゥ・センター・メス〉フランス(2010)

グラフィック社『坂 茂 木の建築』

坂茂建築設計〈ポンピドゥ・センター・メス〉フランス(2010)

グラフィック社『坂 茂 木の建築』

坂茂建築設計〈アスペン美術館〉アメリカ(2014)

目次

序文|ポール・ホーケン
なぜ私は木でつくる建築が好きなのか|坂茂
木造技術者になるということ|ヘルマン・ブルーマー
イントロダクション なぜ木造なのか?
タイムライン 紙から木へ
プロジェクト紹介
・家具の家 No.1
・竹の家具の家
・サガポナック・ハウス
・無垢杉の家
・仙石原の住宅
・光と翳の家
・本棚の家
・スコルコボ・ゴルフクラブハウス
・富士山静岡空港
・アートビオトープスイートヴィラ
・ししいわハウス No.2
・今井病院付属託児所
・今井篤記念体育館
・女川駅+ゆぽっぽ
・ポンピドゥ・センター・メス
・ジーシー大阪営業所ビル
・TAMADIC 名古屋
・大分県立美術館 (OPAM)
・静岡県富士山世界遺産センター
・ラ・セーヌ・ミュジカル
・HOUSE VISION 2016 凝縮と開放の家
・ししいわハウス
・キッズドームソライ
・熊本地震 木造仮設住宅
・タメディア新本社
・ヴァンサンテ+N邸
・禅坊 靖寧
・農家レストラン 陽燦燦
・アスペン美術館
・三角の家
・クアパーク長湯
・ショウナイホテル スイデンテラス
・由布市ツーリストインフォメーションセンター
・ナインブリッジズ・ゴルフクラブハウス
・ヘスリー ハムレット
・スウォッチ/オメガ キャンパス
プロジェクト一覧
・計画案
・竣工プロジェクト
・進行中プロジェクト
付録


坂 茂(ばん しげる)氏 近影

坂 茂氏 プロフィール

東京生まれ。1985年坂茂建築設計を設立。1995年災害支援活動団体 ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク(VAN)設立。紙管を使った災害時の復興住宅などで知られる。
主な作品に〈大分県立美術館〉〈静岡県富士山世界遺産センター〉〈ラ・セーヌ・ミュージカル〉などがある。
主な受賞に、プリツカー建築賞(2014年)、フランス芸術文化勲章コマンドゥール(2014年)、マザー・テレサ社会正義賞(2017年)、紫綬褒章(2017年)など多数。慶應義塾大学環境情報学部教授(2001-2008年)、京都芸術大学大学院教授(芸術研究科)、2023年4月より芝浦工業大学特別招聘教授。

グラフィック社『坂 茂 木の建築』

坂茂建築設計〈スウォッチ / オメガ キャンパス〉スイス(2019)

グラフィック社『坂 茂 木の建築』

坂茂建築設計〈本棚の家〉日本(2020)

グラフィック社『坂 茂 木の建築』

本書に収録されている、貴重な施工プロセスの写真

書籍の編集は、坂茂建築設計ニューヨーク(Shigeru Ban Architects America)アソシエイトのローラ・ブリトン氏と、同事務所建築デザイナーのヴィットリオ ロヴァートが担当しています。

書籍『坂 茂 木の建築』概要

編集:ローラ ブリトン、ヴィットリオ ロヴァート
寄稿:坂 茂
判型:A4(上製)
総頁数:272ページ
ISBN:978-4-7661-3751-4
定価:7,920円(10%税込)
発売日:2023年9月

グラフィック社『坂 茂 木の建築』

『坂 茂 木の建築』表紙(帯付き)
帯の表(おもて):〈グランドホール(ヘスリー・ハムレット)〉(韓国・驪州、2020年)

※本稿1枚目の画像(左):本書表紙のドローイング:〈ナインブリッジズ ゴルフクラブハウス〉(韓国・驪州、2010年)

書籍詳細 / グラフィック社 ウェブサイト
http://www.graphicsha.co.jp/detail.html?cat=9&p=51727

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

本書で紹介されている坂茂建築

COMPETITION & EVENT2020.05.09
「坂茂建築展 仮設住宅から美術館まで」大分県立美術館にて5月11日開幕
CULTURE2020.07.03

最上階にフィンランド式サウナがある坂茂設計のオフィスビル

木質免震構造のオフィスビルが名古屋に来秋竣工
CULTURE2022.07.14

ししいわハウス軽井沢〈SSH No.2〉が開業

建築家の坂茂氏が設計したブティックホテルの2棟目
CULTURE2022.04.23

坂茂設計〈禅坊 靖寧〉竣工

自然に囲まれた空中回廊を有する座禅リトリートが4/29オープン!
CULTURE2021.11.20

坂茂設計のレストラン〈陽・燦燦(はる・さんさん)〉

淡路島にオープン、パソナ農援隊が施設を運営
CULTURE2020.08.13

坂茂設計 "晴耕雨読の時を過ごす、田んぼに浮かぶホテル"

山形県鶴岡市〈SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE〉がリニューアル

坂茂建築設計 / Shigeru Ban Architects TOPICS

FEATURE2022.03.22

建築家・坂 茂氏によるウクライナ難民支援

紙管+布の簡易間仕切りシステムをポーランドとフランス・パリで設営
PRODUCT2021.05.19

坂 茂監修 紙管と布でできた抗ウイルス卓上パーティション

小松マテーレが〈PPSA(卓上タイプ)〉発売
CULTURE2020.10.20

坂 茂が空間デザインを手がけたコミュニティ・カフェ〈はぐくむ 湖畔〉

東京・東松原に10/20オープン
CULTURE2020.08.07

「THE TOKYO TOILET」プロジェクト

【内覧会Report】坂茂、片山正通らが渋谷区内の公共トイレをデザイン!
CULTURE2022.09.25

芝浦工大に坂茂設計"紙の建築"が登場

まちに開かれたカフェとレストランが豊洲キャンパスにオープン
CULTURE2023.08.26

坂茂建築設計、紙・竹・炭素繊維を用いた“廃棄物ゼロ建築”で海洋問題を啓発

大阪・関西万博 民間パビリオン〈ブルーオーシャンドーム〉概要

グラフィック社 刊行書籍

CULTURE2022.03.06

25名のデザイナー、研究者らによる読書案内

新刊『グラフィックデザイン・ブックガイド 文字・イメージ・思考の探求のために』
CULTURE2022.07.09

『ケリー・ヒル建築全集』7/8刊行

アマンやザ・ラルーなど、KHAを率いた建築家が手掛けたプロジェクトを収録
CULTURE2022.08.06

新刊『アンビルト 実現しなかった建築プロジェクト』

渋谷や新宿はこうなっていた? 磯崎、ザハ、バワらの未完の建築や構想を紹介
CULTURE2022.08.21

モーメントによる"継ぎ目のないアイデア集"

新刊『シームレス・デザインの思考 〈MOMENT〉の実例にみる平面・空間・体験をつなぐメソッド』
CULTURE2023.07.09

新刊『世界のリノベーション建築 創造的リユースをめざして』

持続可能性とリユース戦略を実践した35のプロジェクトを紹介
CULTURE2023.08.06

『タイニーハウス・デザイン 世界中の洗練された小さな家47選』

快適さとサステナビリティを兼ね備えたダウンサイジングの住まいを紹介、グラフィック社 8月の新刊
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • グラフィック社 9月新刊『坂 茂 木の建築』:建築家・坂 茂による巨大木造プロジェクト45のすべて!
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ