COMPETITION & EVENT

真庭市蒜山ミュージアム開館記念「隈研吾展 ハコからの解放 -たし算,ひき算,かけ算,わり算-」

岡山県北部の蒜山高原に今年7月に開館した〈真庭市蒜山ミュージアム〉にて、「隈研吾展 ハコからの解放 -たし算,ひき算,かけ算,わり算-」が10月12日(火)まで開催されています[*]
*当初の予定では10月10日までのところ、12日まで会期延長

CLT PARK HARUMI「CLT晴海プロジェクト」

2019-2020年 東京・晴海サイト建設当時の〈CLT HARUMI PARK〉/ 真庭市GREENable記者会見資料より

〈真庭市蒜山ミュージアム〉の建物としての前身は、集成木材「CLT(Cross Laminated Timber:直交集成板)の魅力を伝える「CLT 晴海プロジェクト」において、真庭市産のスギ材から加工したCLTを主に用いて、建築家の隈研吾氏がデザイン監修を担当し、2019年12月から約1年間の期間限定で東京・晴海に建設された屋内展示棟です(上の画・左奥の建物)。

展示棟の向かいに建っていた、同じく隈氏が手がけ、ヒノキ材のCLTのファサードをもつパビリオン〈CLT PARK HARUMI〉のほうが、その軽快な外観からよく知られていることでしょう。

GREENable HIRUZEN(グリーナブル ヒルゼン)

蒜山高原に移築されたCLTパビリオン「風の葉」

この2つの建物は、プロジェクト企画当初から、展示期間終了後は解体・廃棄するのではなく、真庭市の国立公園 蒜山(ひるぜん)に移築、言わば”里帰り”することが決まっていました。
真庭市は、パートナーに迎えた民間企業と協働して、蒜山高原の計画地に観光文化発信拠点「GREENable HIRUZEN(グリーナブル ヒルゼン)」を整備。今年7月15日に施設のグランドオープンを迎えています。

GREENable HIRUZEN(グリーナブル ヒルゼン)

画面右:CLTパビリオン「風の葉」/ 画面左:看板の背後にある建物が真庭市蒜山ミュージアム

市民公募で「風の葉」という愛称がついたCLTパビリオンは、サステナブルと自然共生をテーマに掲げる「GREENable HIRUZEN」を象徴する施設となり、L字型の旧屋内展示棟は、ミュージアム、ビジターセンター・ショップが入り、恒久建築物として活用されます。
ミュージアムでは今後、隈氏の建築思想を伝える企画展や、現代アートの展示などを開催する計画とのこと(オープニング式典での太田 昇真庭市長談)。

GREENable HIRUZEN 施設配置図

「GREENable HIRUZEN 」施設配置図
①CLTパビリオン「風の葉」②ミュージアム ③ビジターセンター・ショップ ④サイクリングセンター

以下は、2021年7月15日に開催された〈GREENable HIRUZEN〉グランドオープン記念式典での隈研吾氏コメントより、〈真庭市蒜山ミュージアム〉の設計・デザインのポイントの要約です(編集部作成、参照元:広報資料、GREENable HIRUZEN 公式YouTubeチャンネル7月16日公開「GREENable HIRUZEN 施設リポート」)。

「建物の構造など主要部分では、スギ材のCLTを用いた。日本の伝統建築でいちばんの見せ場となる、外側の軒の部分では、幅120mm、厚み30mmのラミナ(Laminar)をふんだんに使い、断面を並べて見せている。ラミナとは、集成材で挽き板ないし小角材をつくる際の基本となるピースで、ミュージアムの向かいに経っているパビリオン(風の葉)も、突き詰めれば同じ12センチ幅のピースでできている。このピース1つひとつを(編集部註.茅葺屋根の軒先き断面のようにしながら)現代ふうにデザインした。このような使い方はおそらく他に例がなく、新しい造形表現になったと考えている。」

GREENable HIRUZEN(グリーナブル ヒルゼン)

晴海から移築された展示棟 / 画面向かって左側が真庭市蒜山ミュージアム(ガラスファサードに写り込んでいる建物がCLTパビリオン「風の葉」)

新生〈真庭市蒜山ミュージアム〉のこけら落としとなる企画展「隈研吾展 ハコからの解放 -たし算,ひき算,かけ算,わり算-」は、隈研吾建築都市設計事務所の協力のもと、東京オリンピック・パラリンピック「東京2020」のメイン会場となった〈国立競技場〉をはじめ、隈氏がこれまでに設計やデザイン監修などで携わった、さまざまな建築の模型を中心に構成されます。
関連イベントとして、学芸員によるギャラリートークも会期中に開催されます(第1回:8月21日[終了]、第2回:9月12日[日]11:00-11:30予定)。

真庭市蒜山ミュージアム開館記念展「隈研吾展 ハコからの解放 -たし算,ひき算,かけ算,わり算-」会場風景

「隈研吾展 ハコからの解放 -たし算,ひき算,かけ算,わり算-」会場風景

真庭市蒜山ミュージアム開館記念展「隈研吾展 ハコからの解放 -たし算,ひき算,かけ算,わり算-」会場風景

「隈研吾展 ハコからの解放 -たし算,ひき算,かけ算,わり算-」会場風景

展覧会コンセプト
建築家・隈研吾は「大きなコンクリートのボリュームから小さな建築へ」と提唱し、以前からそのような「分散」と「自然」の新しい時代を予見する建築デザインをしてきました。それは、人々とその活動を集約し囲い込む近代的なビル(大きなハコ)と、その集合からなる都市(もっと大きなハコ)に象徴される20世紀的な建築・都市計画に対して、「ハコからの解放」「ハコを出る行動」を促す活動を行ってきたとも言えます。
コロナ禍により、大都市集約型の社会の限界、危うさが明らかになり、世界が新しい時代に足を踏み入れた今、隈研吾の提唱と活動の意義は、より意識的に捉えられるようになるでしょう。

真庭市蒜山ミュージアム開館記念展「隈研吾展 ハコからの解放 -たし算,ひき算,かけ算,わり算-」会場風景

会場風景〈国立競技場〉の展示

隈研吾設計による〈真庭市蒜山ミュージアム〉のオープニングを飾る本展は、このような「ハコからの解放」のために実際の建築設計で用いられた手法や発想を、難しい数学・幾何学や建築理論ではなく、隈氏も実際の設計活動で使っているという「たし算・ひき算・かけ算・わり算」になぞらえて分類し、建築模型を中心に紹介するものです。

従前の建築に、要素を少し(たし算で)加えることで人々の交流が活発化したり、建物の一部を軽量化(引き算)することで、物理的にも心理的にも風通しがよくなるといった実例を、模型や写真などを使ってわかりやすく展示。建築家・隈研吾の創作や社会に対する思想に迫ります。(展覧会フライヤーより / カッコ内の補足は編集部にて)

真庭市蒜山ミュージアム開館記念展「隈研吾展 ハコからの解放 -たし算,ひき算,かけ算,わり算-」

*会期延長前のフライヤー(真庭市ウェブサイトにて、10月12日まで延長が発表されている)

「隈研吾展 ハコからの解放 -たし算,ひき算,かけ算,わり算-」

会期:2021年7月15日(木)〜10月12日(火)[*]
*開始当初の予定では10月10日までのところ、12日まで会期延長(真庭市ウェブサイトにて告知)
開館時間:9:00-17:00(入館は16:45まで)
休館日:毎週水曜
会場:真庭市蒜山ミュージアム
所在地:真庭市蒜山上福田1205-220 GREENable HIRUZEN内(Google Map
入館料:一般(高校生以上)300円、中学生以下無料
※COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大防止対策を実施

主催:真庭市
協賛:真庭市教育委員会、山陽新聞社、読売新聞岡山支局、朝日新聞岡山総局、毎日新聞岡山支局、産経新聞社、RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち、RNC西日本放送、KSB瀬戸内海放送、真庭いきいきテレビ、FM岡山
展覧会詳細
https://greenable-hiruzen.co.jp/data/57/museum_detail/

GREENable HIRUZEN 公式ウェブサイト
https://greenable-hiruzen.co.jp/

「CLT 晴海プロジェクト」概要

CULTURE2021.06.26
隈研吾デザイン監修のCLTパビリオンが国立公園蒜山へ移築、新名称「風の葉」として7/15開業

隈研吾氏 関連記事(取材レポート)

FEATURE2020.11.13

Special report: Coverage of the media preview

隈研吾デザイン監修〈角川武蔵野ミュージアム〉11/6 グランドオープン!【Report】
FEATURE2020.12.14
【内覧会Report】隈研吾設計 東工大〈Hisao & Hiroko Taki Plaza〉が竣工、大友克洋原画の陶板レリーフがお目見え
FEATURE2021.04.22
旭川家具産地の東川町が隈研吾氏との連携プロジェクト「サテライトオフィス群+デザインミュージアム」建設計画などを「椅子の日」に発表
FEATURE2021.07.01

[Movie] Quick report: Nabeshima Shoto Park Toilet by Kengo Kuma

【動画レポート】隈研吾が語る「多様性の時代、森の時代のトイレ」
FEATURE2021.08.05
【会場レポート】東京国立近代美術館「隈研吾展 新しい公共性をつくるための😸の5原則」

CLTを使用したプロジェクト・関連記事

CULTURE2020.07.03
坂茂設計 最上階にフィンランド式サウナを常設した木質免震構造のオフィスビルが名古屋に来秋竣工
CULTURE2021.03.07
成瀬・猪熊建築設計事務所が店舗を設計、木曽ヒノキから生まれた化粧品ブランドの直営店〈meet tree NAKATSUGAWA〉が岐阜・中津川にデビュー
COMPETITION & EVENT2021.06.14
隠岐ジオパークに今夏開業する”ないものはない”ジオホテル〈Entô〉を設計した原田真宏氏らが登壇するトークイベント 6/21開催
CULTURE2021.06.14
隈研吾設計監修、CLTを用いた新施設〈共育共創コモンズ〉を岡山大学が津島キャンパスに建設
COMPETITION & EVENT2021.09.11
【図録を読者プレゼント!】CLTをイチから学べる企画展「CLT―未来をつくる木のイノベーション」竹中大工道具館にて9/20まで

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • EXHIBITION
  • 真庭市蒜山ミュージアム開館記念「隈研吾展 ハコからの解放 -たし算,ひき算,かけ算,わり算-」