PRODUCT

永山祐子建築設計〈うみのハンモック〉が大阪・門真市のさくら広場に期間限定で設置

"漁網リサイクルネット"を活用したデザイン、大阪・関西万博 パナソニックグループパビリオン〈ノモの国〉のベンチにも使用予定

PRODUCT2024.03.27

建築家の永山祐子氏が率いる永山祐子建築設計がデザインした遊具〈うみのハンモック〉が、大阪府門真市の〈さくら広場〉に期間限定で設置されました。2025年10月13日まで一般公開される予定です(休園日および休園期間あり)。

〈うみのハンモック〉は、廃棄された漁網をアップサイクルした糸で編まれたネットで設計・構成されているのが特徴です。いわゆる海洋ゴミが、「モノの循環」のなかで、かたちを変えながら人々の生活へと戻ってくる「めぐる物語」の通過点として、「素材が環るデザイン」をコンセプトに永山氏が設計しました。2022年秋に東京ミッドタウンで開催されたデザインイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH(東京ミッドタウン デザインタッチ)」にて初めて披露され、このときは下の写真(3点)のように、大きく連結して芝生広場に登場。昼夜を問わずに大人も子供もネットに全身を預け、都会の真ん中でそれぞれのひとときを楽しめる遊具として人気を集めました。

東京ミッドタウン「DESIGN TOUCH 2022」うみのハンモック

永山祐子建築設計〈うみのハンモック〉 東京ミッドタウン「DESIGN TOUCH 2022」展示風景(期間:2022年10月14日〜11月3日) Photo: TEAM TECTURE MAG

〈うみのハンモック〉 東京ミッドタウン「DESIGN TOUCH 2022」展示風景

永山祐子建築設計〈うみのハンモック〉 東京ミッドタウン「DESIGN TOUCH 2022」展示風景(期間:2022年10月14日〜11月3日) Photo: TEAM TECTURE MAG

〈うみのハンモック〉 東京ミッドタウン「DESIGN TOUCH 2022」展示風景

永山祐子建築設計〈うみのハンモック〉 東京ミッドタウン「DESIGN TOUCH 2022」展示風景(期間:2022年10月14日〜11月3日) Photo: TEAM TECTURE MAG

 

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2022」の見どころはこちら! 永山祐子氏による大型インスタレーション「うみのハンモック」が芝生広場に登場

このほど〈うみのハンモック〉が設置された門真市の〈さくら広場〉は、パナソニックグループが旧本社跡地である社有地を、環境や地域のために有効活用したいという想いのもと、安藤忠雄建築研究所が設計・監理を担当して整備され、2006年4月に開園。約4,900坪の広さに190本の桜が植えられた花の名所として地元の人々に知られています。

永山祐子氏による〈うみのハンモック〉は、〈さくら広場〉の敷地内に5基設置されています(本稿1枚目の画)。
前述の東京ミッドタウンでのイベントで使用されたものを一部、再利用して設置しており、門真での設置期間終了後は再びアップサイクルされる予定とのこと。

今回の期間限定の設置も、前述の東京でのイベント開催時のコンセプトと同様に、〈さくら広場〉を訪れた人々が、”漁網リサイクルネット”でつくられた「うみのハンモック」に揺られながら、今までに体験したことがない距離や角度から周りの景色を眺め、四季の美しさを感じとり、かつ人々の生活をとりまく自然環境にも意識を巡らせてほしいという思いから企画されたものです。

なお、永山祐子建築設計とパナソニックグループは、2025年4月13日に開幕予定の「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)」でもタッグを組んでおり、同グループが出展する企業パビリオン〈ノモの国〉は、永山氏の事務所が設計を担当しています。

2025年大阪・関西万博 永山祐子氏が設計するパナソニックのパビリオン「ノモの国」

パビリオン〈ノモの国〉は、「循環」をテーマに掲げ、ひとの営みと自然の営み、それぞれ360°の循環が作用し合ってひとめぐりする、いわば“720°の循環”の中で、子どもたちが“つながる世界の中の自分”と、“ソウゾウする力”に気づく体験を通じ、未来への希望を思い描けるようなパビリオンを目指して準備が進められています。
加えて、パナソニックグループでは、長期環境ビジョン「Panasonic GREEN IMPACT」を掲げ、各事業を通して地球環境問題の解決に取り組んでおり、大阪・関西万博においても「資源循環型のパビリオン」の実現を目指し、さまざまな建築材料にリユース、リサイクルしやすいものを採用。このほど門真に設置された〈うみのハンモック〉のコンセプトもこれらの方針に基づいたもので、〈ノモの国〉に設置予定のベンチも、漁網リサイクルネットを用いたデザインが発表されています(下の画)。

パナソニックグループパビリオン〈ノモの国〉ベンチ(イメージ)

パナソニックグループパビリオン〈ノモの国〉に設置予定の漁網リサイクルネットを用いてデザインされたベンチ(イメージ / 2024年3月発表当時のもの、今後変更される場合あり)
〈ノモの国〉特設サイト  https://the-land-of-nomo.panasonic/

さくら広場に設置した〈うみのハンモック〉概要

設計・監理:有限会社永山祐子建築設計
施工:ジャクエツ
設置数:5基
設置期間(予定):2024年3月26日(火)〜2025年10月13日(月)
※都合により設置期間が変更になる場合あり

パナソニックホールディングス プレスリリース(2024年3月26日)
https://news.panasonic.com/jp/press/jn240326-2

〈さくら広場〉施設概要

所在地:大阪府門真市門真1006番地 パナソニックミュージアム
設計・監理:安藤忠雄建築研究所
施工:大林組
開園:2006年4月8日
面積:16,198m²(4,900坪)
桜の本数:190本
入園料:無料
通常開園時間:3月1日~10月31日 10:00-17:30(入園は17:00まで)/ 11月1日~2月末 10:00-16:30(入園は16:00まで)
休園日:日曜、祝日、8月中旬頃、年末年始
※臨時休園期間(2024年4月8日から1カ月程度)

〈さくら広場〉詳細
https://holdings.panasonic/jp/corporate/about/experience-exhibition/sakura/kadoma.html

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

永山祐子建築設計 TOPICS

FEATURE2020.07.18

Study Series Movie

「永山祐子建築設計 永山祐子インタビュー動画シリーズ」
FEATURE2020.07.19

Study Series Movie

「永山祐子建築設計 永山祐子インタビュー動画シリーズ」
CULTURE2021.04.08

永山祐子氏が設計した〈JINS PARK〉

ジンズ創業の地・前橋市に4/29オープン
COMPETITION & EVENT2021.07.20

ドバイ万博「EXPO2020」概要

永山祐子+NTTファシリティーズが日本館を設計、アテンダントコスチュームはアンリアレイジがデザイン
CULTURE2022.05.07

〈東急歌舞伎町タワー〉2023年4月開業

ホテル、映画館、劇場、ライブホールなどがオープン、“好きを極める場”を創出
FEATURE2023.05.14

世界で跳躍し未来を照らす建築家。永山祐子とは何者か!?

「情熱大陸」に出演! 永山祐子が関わるプロジェクトを一挙に紹介
PRODUCT2023.06.19

永山祐子×YAMAGIWA 新作ペンダント照明〈FUWARI〉発売

光がふんわりと浮かんでいる風景を思い浮かべたデザインを逐次成形で実現
PRODUCT2023.07.06

by interiors(バイ インテリアズ)新作家具

建築家の永山祐子氏がデザインした〈Pソファ〉発売
PRODUCT2024.02.16

[Movie] Interview with Yuko Nagayama about "SO-STYLE"

[永山祐子インタビュー動画] “体感” のデザインを高める配線器具
CULTURE2024.03.27

〈カルティエ ブティック 麻布台ヒルズ店〉がオープン

永山祐子建築設計が「動き」をテーマに"ゆらぎ"を纏ったファサードをデザイン
COMPETITION & EVENT2024.04.27

大巻伸嗣、永山祐子、細井美裕の3氏の作品が日比谷公園内に期間限定で展開

[Report]魚網アップサイクルハンモックと〈Gravity and Grace〉が都内に再び! 花×アートによる新たな公園のかたち「Playground Becomes Dark Slowly」

パナソニック TOPICS

CULTURE2020.03.13
JR東日本 高輪ゲートウェイ駅を演出する面出薫の照明デザイン。照明器具約1,600台をパナソニックが納品
PRODUCT2022.08.25

住宅用火災警報器に新色のBLACKが登場

インテリアコーディネートを意識したパナソニックのスタイリッシュな住宅火災警報器(ワイヤレス連動型)
COMPETITION & EVENT2023.03.17

パナソニック「BLACK色」プロダクトの魅力を伝える空間展示

建築家の佐々木慧氏による2日間限りのインスタレーション「BLACK LANDSCAPE」開催
PRODUCT2023.02.28

新時代のオフィスや施設にふさわしい建材とは!? 小堀哲夫が指南する パブリック建材の活用法 Part 1

パナソニック 施設用[床・壁・建具・天井]製品レビュー 1/2
PRODUCT2023.07.21

「モノタロウ」がアブラヤシ廃材を活用した中密度繊維板を発売

パナソニックの技術 PALM LOOP ®️による環境配慮型商品を自社ブランドで展開
PRODUCT2023.08.31

ガラス建材一体型ペロブスカイト太陽電池

パナソニックがプロトタイプを開発、サスティナブル・スマートタウン内で長期実証実験を開始(世界初、同社調べ)

大阪・関西万博 TOPICS

FEATURE2022.07.18

「2025年大阪・関西万博」カウントダウン!

注目のパビリオンなど建築・デザインの最新情報まとめ、随時更新
CULTURE2022.07.18

永山祐子氏がパナソニックのパビリオン「ノモの国」を設計

2025年大阪・関西万博 民間パビリオン ニュース
CULTURE2023.03.09

リード アーキテクトは永山祐子氏、ドバイ万博日本館で手がけたファサード資材をリユース・再構築するサステナブル建築

2025年大阪・関西万博〈ウーマンズ パビリオン in collaboration with Cartier〉概要

ジャクエツ TOPICS

PROJECT2021.09.14

双葉保育園 / ジャクエツ+2id Architects

見え方と感覚が変化する計画で多様性を育む保育園
PROJECT2022.03.08

英明幼稚園 / イガラシデザインスタジオ

内外ひと続きの空間であそび同士が交わる園舎
CULTURE2023.11.04

都立公園初のPark-PFIによる整備事業、明治公園が一部開園

約1.6ha、最大約7.8mの高低差を生かしたランドスケープをN2LANDSCAPEが創出
CULTURE2024.07.09

"こどものための建築"が清春芸術村にオープン

建築家の内田奈緒氏が設計、AI時代を生きる子どもたちへのメッセージが込められた〈遊びの塔ーtower of play〉

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • PRODUCT
  • MATERIAL
  • 永山祐子建築設計〈うみのハンモック〉が大阪・門真市のさくら広場に期間限定で設置、大阪・関西万博のパナソニックグループパビリオン〈ノモの国〉のベンチに使用予定の”漁網リサイクルネット”を用いた遊具
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ