CULTURE

旧ライゾマ齋藤精一とnoizによる4面4分割回転式の超大型LEDディスプレイ「The HEART」が日本橋兜町に竣工した〈KABUTO ONE〉に登場

CULTURE2021.08.26

2021年8月26日初掲、9月11日ライブカメラYouTube動画のリンクを追記

東京・日本橋兜町に、大規模複合用途ビル〈KABUTO ONE〉が竣工。2017年11月に東京都が策定した「国際金融都市・東京」構想に基づいて建設された、平和不動産、山種不動産、ちばぎん証券の3社による共同開発事業です。
ビルの名称には、“これまでも、これからも、ここ兜町が日本経済において不変の始まりの地=基点であり続ける”ことに加えて、兜町は江戸期より日本経済の中心として栄え、世界有数の経済圏へ成長した日本経済の”心臓”として躍動し続けるという、2つの想いが託されています。

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉外観

東西を走る永代通りと平成通りの交差点に面するビルの1Fアトリウムは、高さ約14m、ガラス張り。3層吹き抜けの開放的な空間に、世界最大級のキューブ型大型LEDディスプレイ「The HEART」が、ビルのグランドオープンに先立ち、設置されました。

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉アトリウム「The HEART」

4分割されたローテーション設計

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉アトリウム「The HEART」

大迫力の大型4面LEDディスプレイ「The HEART」(映像はテスト中のもの)

「The HEART」は幅6m、高さ5.5m、奥行き3m。4面・4分割回転式の構造体から成り、LEDディスプレイには、アイコニックなデザインかつマーケットの複雑な動静を映し出します。視覚的かつ空間的にマーケットの活気や動向を感じることができるとともに、このビルおよび金融の街・日本橋兜町の新たなシンボル(顔)として、”心臓”をモチーフにデザインされました。
コンテンツデザイン(ビジュアルプログラミング)をパラノマティクス(ライゾマティクスから改組)を主宰する齋藤精一氏が、造形・構成などのハードウェアのデザインを、noiz(ノイズ / パートナー:豊田啓介氏、蔡佳萱氏、酒井康介氏)が担当しています。

設計コンセプト:「The HEARTは日本経済の心臓として国内外に経済情報を伝え続けていく。これまでのように画一的な経済情報を伝えるだけでなく、経済の動き(脈動・うねり)や市況を心臓の鼓動・血液循環をモチーフにしたアート表現に変換することで、直感的に今、起きていることを、人々に体感してもらえるデザインを実現した。」

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉アトリウム「The HEART」

個別銘柄の表示(テスト画面)

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉アトリウム「The HEART」

トレンドワードの表示(テスト画面)

齋藤精一氏プロフィール

齋藤精⼀ / Saito Seiichi

齋藤精⼀氏

1975年神奈川生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からNYで活動を開始。その後、Arnell Groupにて、クリエイティブとして活動し、2003年に越後妻有トリエンナーレでアーティストに選出されたのをきっかけに帰国。その後フリーランスのクリエイティブとして活躍後、2006年にライゾマティクスを設立(2021年1月末改組)。改組後は株式会社アブストラクトエンジン代表取締役を務め、パラノマティクス(Panoramatiks)を主宰。建築で培ったロジカルな思考を基に、アート・コマーシャルの領域で立体・インタラクティブの作品を多数作り続けている。
https://panoramatiks.com/
https://abstractengine.ltd/

豊田啓介氏プロフィール

豊田啓介

豊田啓介氏

建築家。1972年、千葉県出身。1996-2000年安藤忠雄建築研究所。2002-2006年SHoP Architects(NY)を経て、2007年より東京と台北をベースにnoizを蔡佳萱と設立、2016年に酒井康介が加わり共同主宰。2020年ワルシャワ事務所設立。建築を軸にデジタル技術を応用したデザイン、インスタレーション、コンサルティングなどを国内外で行っている。2017年gluonを金田充弘と共同で設立。2025年大阪・関西国際博覧会 誘致会場計画アドバイザー(2017-2018年)。東京大学生産技術研究所客員教授(2020年-)。建築情報学会副会長(2020年-)。大阪コモングラウンド・リビングラボ ディレクター(2020年)。
https://noizarchitects.com/

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉アトリウム「The HEART」

日経平均株価などの情報コンテンツを提供(テスト画面)

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉アトリウム「The HEART」

心臓をモチーフとした日本経済の動向を表したアート表現(テスト中)

このアトリウムでは今後、イベントなども開催され、地域活動や賑わい・憩い・交流の拠点となる場としても機能する予定です。

〈KABUTO ONE〉公式ウェブサイト
https://kabutoone.tokyo/


〈KABUTO ONE〉の規模は、地上15階、地下2階、延床面積は約39,000m²。低層部に店舗、中層部には投資家と企業の対話交流拠点となるカンファレンス、高層部(6~15階)はオフィスのフロアとして予定しているほか、ライブラリーやラウンジなども入ります。

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉

〈KABUTO ONE〉外観

オフィスフロアは、1フロアあたり約1,905m²(約576坪)と、茅場町駅エリア最大級の大型オフィスとなり、中間層免震構造の導入やデュアルフューエル対応の非常用発電機の設置によって、高い安全性や事業継続性(BCP)を確保し、安全・安心な執務環境を提供するとのこと。

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉

基準階オフィス

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉

4階KABUTO ONEホール ホワイエ

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉

4階KABUTO ONEホール

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉

2階オフィスエントランス

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉

貫通通路

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉

新設歩道および歩道上空地と壁面緑化

建物は、2022年12月開通予定の地下接続通路を通じて、地下1階と東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町」駅に直結。地上とのバリアフリー接続を整備するとともに、街区再編・統合による貫通通路や、歩道状空地などのオープンスペースを整備し、歩行者回遊性の向上と賑わい創出に寄与します。

同ビルは、2021年8月より建物の地上部分と駐車場の使用を開始。地下1階部分を含めた建物全体の仮使用開始は2022年12月、すべての工事完了は2023年8月を予定しています。(en)

日本橋兜町〈KABUTO ONE〉MAP

エリアマップ

大規模複合用途ビル〈KABUTO ONE〉計画概要

所在地:東京都中央区日本橋兜町7番1号(Google Map
主要用途:事務所、店舗、集会場、貸会議室、駐車場
階数:地上15階、地下2階、搭屋2階
構造:地上S造、地下SRC造(一部S造) 中間層免震構造
延床面積:約39,208m²(約11,860坪)
事業者:平和不動産、山種不動産、ちばぎん証券
設計監理(意匠・設備):三菱地所設計
設計監理(構造):大林組
施工:大林組
開業(仮使用開始):2021年8月
ホール・カンファレンス営業開始:2021年10月予定

平和不動産 YouTube公式チャンネル「ABUTO ONE アトリウム ライブカメラ」(2021/08/21開設)
https://www.youtube.com/watch?v=9IN-0IAl5Ns

※参照元:平和不動産 2021年8月24日プレスリリース

noiz 関連記事

CULTURE2020.06.19
noizが次世代型スマートシティの垂直版〈SHIBUYA HYPER CAST. 2〉を発表
FEATURE2020.10.12

Special Dialogue Series

豊田啓介× 川田十夢 特別対談 #01 常識からどんどん外れよう! 空間の未来を楽しく切り拓く
COMPETITION & EVENT2020.11.23
noiz豊田氏、慶應SFC池田氏、落合陽一氏らが登壇する建築情報学会設立記念イベント11/30よりオンラインで全5回開催
COMPETITION & EVENT2021.06.11
野老朝雄×noizによる企画展「DISCONNECT/CONNECT 【ASAO TOKOLO×NOIZ】 幾何学紋様の律動、タイリングの宇宙」

アブストラクトエンジン関連記事

COMPETITION & EVENT2020.10.21
ライゾマの齋藤精一氏がプロデューサーを務める芸術祭「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」11/15まで
BUSINESS2020.10.31
ライゾマティクスが組織変更、名称変更と新会社設立を発表
CULTURE2021.02.28
齋藤精一×ヨウジヤマモト「S’YTE 」ポップアップストアが六本木ヒルズに期間限定オープン
FEATURE2021.05.26

[Special report] "The future of the design museum" - talked about by Seiichi Saito and Kunihiko Morinaga "DESIGN-DESIGN MUSEUM BOX"

【特別レポート】齋藤精一、森永邦彦が語る、これからのデザインミュージアムのかたち。 「DESIGN MUSEUM BOX展 集めてつなごう 日本のデザイン」
CULTURE2021.07.15
ブルーボトルコーヒー梅田茶屋町カフェが7/24オープン! 空間デザインは I INが担当、パノラマティクスによる体験型ラウンジスペースも
CULTURE2021.08.15
パノラマティクスが企画・監修した横須賀市の平和モニュメント「THE AXIS OF PEACE」
PRODUCT2021.09.03
ライゾマティクスがライティングデバイス〈Home Sync Light〉数量限定モデルを直営オンラインストアで特別販売
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 旧ライゾマ齋藤精一とnoizによる4面4分割回転式の超大型LEDディスプレイ「The HEART」が日本橋兜町に竣工した〈KABUTO ONE〉に登場