CULTURE

通天閣にタワースライダーがオープン!

竹中工務店が設計・施工を統括、免震タワーでは初の滑り台設置

CULTURE2022.05.15

大阪・なにわのシンボル〈通天閣〉に、体験型アトラクション「TOWER SLIDER(タワースライダー)」が5月9日にオープンしました。

大阪 通天閣タワースライダー

通天閣 TOWER SLIDER 外観 ©︎通天閣観光

構造家の内藤多仲(1886-1970)が手がけたことでも知られる〈通天閣〉。中間展望台があるタワーの3階からエレベーター棟の外周部分にかけて新たに取り付けられたもので、竹中工務店が設計・施工を統括(2021年12月13日プレスリリース / PDF)。スライダー本体の設計・施工はタンデム(本社:東大阪市)が担当しています(2022年4月23日ニュースリリース)。

大阪 通天閣タワースライダー イメージパース

TOWER SLIDER イメージパース ©︎通天閣観光

「TOWER SLIDER」は、地上22mの高さから地下1階(地上からマイナス4.5m)まで、斜度約30度・全長60mのチューブ形状の螺旋スロープを、所用約10秒で滑り降りる「滑り台」です。

大阪 通天閣タワースライダー 立面イメージ

TOWER SLIDER 立面イメージ ©︎通天閣観光

地震などの災害発生時でも安全に利用できるよう、最上部の乗り口は支柱を上下に配し、はね出し構造の免震型滑り台として設計されました。竹中工務店が昨年12月に発表したプレスリリースによれば、免震タワーへの滑り台設置は世界でも類をみないとのこと。

スライダーのスロープ部分は、耐候性に優れたステンレス製チューブの天井に、透明の遮熱ポリカーボネート板を採用。頭上の通天閣を見上げながらの滑降を可能としています。

大阪 通天閣タワースライダー イメージパース

TOWER SLIDER アトラクションイメージ ©︎通天閣観光

通天閣タワースライダー 乗り場

通天閣 2階から3階への螺旋階段を昇ると現れる「TOWER SLIDER」乗り場 ©︎通天閣観光

通天閣タワースライダー 乗り場

画面右:スライダーのロゴマークの壁材はタカラスタンダードが寄贈したホーロー壁装材(エマウォール) ©︎通天閣観光

通天閣タワースライダー 乗り場

TOWER SLIDER 営業時は通天閣のスタッフが常駐する ©︎通天閣観光

通天閣タワースライダー 乗り場

乗り口からスライダー内部の眺め ©︎通天閣観光

↓体験動画(提供:通天閣観光)※音量注意(滑り降りる際の風圧の音が入っています)



大阪 通天閣タワースライダー 降り口

地下1階 TOWER SLIDER ゴールまわり ©︎通天閣観光

大阪 通天閣タワースライダー 降り口

地下1階 スライダー降り場 ©︎通天閣観光

大阪 通天閣タワースライダー 夜間イメージパース

通天閣と「TOWER SLIDER」夜間イメージパース ©︎通天閣観光

施設を運営する通天閣観光では、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大の影響で、観光客・来場者が落ち込んだ、通天閣を含めた周辺地域の経済回復への起爆剤とし、2025年開催予定の「大阪・関西万博」への弾みをつけたいと、今回の新施設の開業に期待をかけています。

通天閣遠景 恵美須東の町並み

通天閣遠景 恵美須東の町並み ©︎通天閣観光

「TOWER SLIDER」施設概要

建築名称:TOWER SLIDER(読み:タワースライダー)
所在地:大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6(Google Map
建物用途:工作物
工期:2021年9月〜2022年4月
設計・施工(統括):竹中工務店
設計・施工(スライダー本体):タンデム
建築主:通天閣観光

スライダー営業時間:10:00-19:30
スライダー利用料金:大人(高校生~65歳)1000円 / 子ども(小学生~中学生)500円
※一般展望台および特別屋外展望台への入場は別途料金が必要
※高温、低温、乾燥、多湿、結露などの影響により、予告なく閉鎖する場合あり

通天閣 特別屋外展望台 イメージパース

通天閣 特別屋外展望台 イメージパース ©︎通天閣観光

大阪 通天閣

通天閣 外観 ©︎通天閣観光

通天閣 公式ウェブサイト
https://www.tsutenkaku.co.jp/

本稿写真・動画提供:通天閣観光

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

大阪・関西万博 関連記事

CULTURE2020.07.13

藤本壮介氏が「大阪・関西万博」会場デザインプロデューサーに就任

各テーマ事業のプロデューサーは福岡伸一、落合陽一ら8名を発表 Sou Fujimoto ©David Vintiner
COMPETITION & EVENT2021.07.31

【審査結果】大阪・関西万博が迎賓館・大催事場・小催事場の各設計者を公募

審査を藤本壮介、妹島和世、佐藤可士和が担当 / 日建設計 大阪オフィス、伊東豊雄建築設計事務所、安井・平田設計共同企業体が最優秀に
CULTURE2021.12.24

落合陽一「いのちを磨く」パビリオンの製作チームが法人設立

大阪・関西万博へ向け、noiz architects、WOWらが参画する(一社)計算機と自然

大阪における大型プロジェクト

CULTURE2021.04.08

ONE DOJIMA プロジェクト

フォーシーズンズホテルがプライベートレジデンスと一体となった超高層複合タワーで大阪に開業
CULTURE2021.08.05
「ダブルツリーbyヒルトン大阪城」2024年春開業を目指して着工
CULTURE2021.12.17

安藤忠雄デザイン監修で感染症研究棟を阪大が建設

日本財団・大阪大学感染症対策プロジェクトの一環、吹田キャンパスに2025年2月竣工予定
CULTURE2022.01.30

〈キャプション by Hyatt〉が日本進出

2024年大阪 なんば、2025年に東京 日本橋兜町に開業予定
CULTURE2022.05.12

心斎橋最大級の複合施設開発プロジェクト

地上28階、上層部にザ・ゲートホテルの旗艦店がオープン
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 通天閣にタワースライダーがオープン! 竹中工務店が設計・施工を統括、免震タワー初の大型滑り台
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ