COMPETITION & EVENT

ファイターズのボールパークがアート作品を公募!

「HOKKAIDO BALLPARK ART PRIZE 2023」受賞作品はFビレッジ内に常設を予定

2023年春開業を目指して建設中の大型複合施設〈北海道ボールパークFビレッジ〉が、施設内を彩るアート作品を募集しています。

アートコンペティション「HOKKAIDO BALLPARK ART PRIZE 2023(略称:HBAP 2023)」を主催しているのは、〈北海道ボールパークFビレッジ〉の事業主体者であるファイターズ スポーツ&エンターテイメント。

同敷地内には、プロ野球球団・北海道日本ハムファイターズの新たなホームスタジアムとなる新球場〈ES CON FIELD HOKKAIDO〉をはじめ、北海道のシンボルとなることを目指した空間が各種建設されます。新球場のレフトスタンド側には、ホテルと天然温泉・サウナ施設を内包した〈TOWER 11〉が付帯するなど、注目のボールパークです。

新球場計画概要
所在地:北海道北広島市共栄(きたひろしま総合運動公園)
発注者:北海道ボールパーク
CMR(コンストラクション・マネジャー):山下PMC
設計:大林組、HKS
施工:大林組・岩田地崎建設JV
工期:33カ月(予定)
主要用途:野球場(35,000人収容、天然芝フィールド、開閉式屋根)
延べ面積:約100,000m²
階数:地下1階、地上4階
構造:RC造、S造

大林組プレスリリース(2018年11月5日)
「北海道ボールパーク(仮称)建設工事」を受注
https://www.obayashi.co.jp/news/detail/news20181105_1.html

マスタープランイメージ:SWA Webサイト:プロジェクトページ

このほかにも、国立大学法人北海道大学とクボタ、ファイターズ スポーツ&エンターテイメントが連携し、農業学習施設の建設も発表されています(下の画 / 2021年10月9日プレスリリース)。

ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールド)イメージ

HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE(北海道ボールパークFビレッジ)全景イメージ(2023年3月開業予定) ©H.N.F.

〈北海道ボールパークFビレッジ〉内 農業学習施設イメージ

〈北海道ボールパークFビレッジ〉内 農業学習施設イメージ(道路側より / 画像提供:クボタ)

ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールド)イメージ

球場1塁側 エントランス前広場「FIGHTERS LEGENDS SQUARE」イメージ ©H.N.F.

今回のアートコンペでは、〈北海道ボールパークFビレッジ〉の価値創造を共に担うアーティストやクリエイターを募集しています。
若手アーティストらの可能性に光をあて、新たなステップを提供することを目的に開催されます。賞金総額は300万円。地域と共生するボールパークという場所ならではの、訪れる人々の人生を豊かにするような作品を求めており、受賞作品は、募集規定の金額で買い取られ、Fビレッジ内にて常設展示することを前提としています。

新球場〈エスコンフィールド HOKKAIDO〉内観イメージ

新球場〈エスコンフィールド HOKKAIDO〉内観イメージ ©H.N.F.

エスコンフィールド レフトスタンド側〈TOWER 11〉イメージ

新球場〈エスコンフィールド〉レフトスタンドおよび〈TOWER 11〉イメージ ©H.N.F.

新球場〈エスコンフィールド HOKKAIDO〉内観イメージ

新球場〈エスコンフィールド HOKKAIDO〉内観イメージ ©H.N.F.

「HBAP 2023」の審査委員長は、北海道出身で、現在はニューヨークを拠点に数多くのアーティストを世に送り出してきたギャラリストの務める戸塚憲太郎氏(NOWHERE ディレクター)が務めます。

審査員長 戸塚憲太郎氏コメント

戸塚憲太郎氏 近影

「野球とアート。繋がらなそうな点が繋がる時は、何か新しいことが始まる時だ。今、世界は価値観の転換に直面している。お金やモノではない『豊かさ』を求める、価値観のアップデート。野球の楽しみ方だって、アートのあり方だって変化してもいい。世界最大級のボールパークが誕生するだけでもすごいことだが、そこでアーティストの可能性をサポートするアワードを開催する。目まぐるしく動き続ける世界で見るべきアートとは。故郷北海道でどんな新しいアートに出会えるか期待が高まる。」

「HOKKAIDO BALLPARK ART PRIZE 2023」募集概要

募集テーマ:「HOKKAIDO」「BASEBALL」
作品受付期間:2021年12月1日~2022年3月31日
応募資格:国内在住・応募時点で39歳以下の個人またはグループ
出品料:無料
賞および賞金
グランプリ 1点 賞金100万円で買い取り、施設内に常設展示
優秀賞 4点 賞金50万円で買い取り、施設内に常設展示
審査員
戸塚憲太郎(NOWHERE ディレクター / 審査委員長)
小林利道(大林組 建築設計部長)
神谷猛士(HKS, Inc. プリンシパル、都市デザイングローバルディレクター)
田村啓宇(乃村工藝社 統括クリエイティブディレクター)
青木昭夫(DESIGNART 代表取締役、クリエイティブディレクター)

HOKKAIDO BALLPARK ART PRIZE 2023(HBAP 2023)

応募要項詳細
https://www.hkdballpark.com/pickup/art_prize2023/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

〈北海道ボールパークFビレッジ〉関連記事

BUSINESS2022.01.04

世界初、ファイターズの新球場はサウナ付き!

ととのえ親方監修、エスコンフィールドでファイターズ戦を見ながら”ととのう”
BUSINESS2022.02.24

認定こども園が北海道ボールパークFビレッジに来春開園

設計・デザインはチームラボアーキテクツが担当

スタジアム・アリーナ トピックス

PROJECT2020.07.02

Feyenoord Stadium / OMA

都市の公共空間としての役割を回復するフットボールスタジアム
COMPETITION & EVENT2020.07.25

【審査結果】台湾〈台中アリーナ〉コンペ

隈研吾建築都市設計事務所+九典聯合建築師事務所JVが勝利
CULTURE2021.01.24

競輪スタジアム一体型ホテル〈KEIRIN HOTEL 10〉

岡山 玉野競輪場に来春オープン
BUSINESS2021.07.06
甲子園球場がスタジアム照明をLED化、ダイナミックな空間演出などが可能に
CULTURE2021.07.21

国立競技場ができるまでを定点撮影で辿る

写真集『国立競技場 Construction』刊行
CULTURE2021.08.06

AS・昭和設計共同体が松本平新陸上競技場を設計

"陸上競技のための陸上競技場" の実現を目指す
CULTURE2021.10.03

国際基準の自転車競技(ベロドローム)がオープン

設計施工は清水建設、パブリックアートを松山智一氏が制作
CULTURE2022.02.01

北京の新たなランドマーク〈アイスリボン〉

【北京五輪】浮遊する帯と回転する氷から着想したスケートリンク
CULTURE2022.02.03

南船橋「(仮称)ららアリーナ 東京ベイ」が着工

1万人規模の多目的アリーナが2024年春開業予定、外装コンセプトデザインはファイターズ新球場も手がけるHKS
  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • COMPETITION
  • ファイターズのボールパークがアート作品を公募!「HOKKAIDO BALLPARK ART PRIZE 2023」受賞作品はFビレッジ内に常設を予定
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ