FEATURE

Special report & Interview: KOGANEYU
with Jo Nagasaka & Hiroko Takahashi

特別レポート&インタビュー:黄金湯 / 長坂 常&高橋理子

FEATURE2021.01.07

【Special report & interview】Extensive sauna & beer bar, exquisite gimmicks in KOGANEYU

話題沸騰! 銭湯〈黄金湯〉の充実サウナ&ビアバー、絶妙な仕掛けを長坂 常氏と高橋理子氏が解説

2020年に創業88周年を迎えた東京・錦糸町の銭湯「黄金湯」が、8月22日にリニューアルオープンした。
リノベーションにあたり、総合プロデュースを担当したのはアーティストの高橋理子氏(HIROCOLEDGE)、設計を担当したのは建築家の長坂 常氏(スキーマ建築計画)である。

リニューアルオープン間もない同施設であるが、すでに熱い注目を広く集めている。

11月11日の“ととのえの日”に発表された「SAUNACHELIN(サウナシュラン) 2020」では、「いま行くべき全国のサウナの上位11施設」の第6位にランクイン。
公衆浴場でのサウナシュラン選出は、今回の〈黄金湯〉が初めてという。

プロサウナーが選ぶ「SAUNACHELIN 2020」発表
https://mag.tecture.jp/culture/20201111-17413/

TECTURE MAGでは、オープン直前に行われたプレスビューを取材。
長坂氏にデザインの意図を、高橋氏にプロジェクトの背景と鍵となる設えを伺った。

高橋理子 HIROCOLEDGE高橋理子氏(HIROCOLEDGE)

長坂 常 スキーマ建築計画長坂 常氏(スキーマ建築計画)

Movie & photographs: toha

「お風呂に集まる人を増やすために、テリトリーを広げることを考えた」という長坂氏。
「特に若年層が好んで集まるような場所にするため、サウナやバーを設えた」と語る。

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

近年若者の間でも人気が高まっているサウナについて、オートロウリュサウナとセルフロウリュサウナの2種類を用意。

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

洞窟の内部にあるような雰囲気の水風呂は、チラーで16℃に冷やされた水をたたえる。
ボイラーを撤去した後のスペースを利用して、新たに設えられた。

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

水風呂に隣接して下がった位置にある、外気浴スペース。
「ととのい」には、水風呂とともに、開放的で自然風の当たる外気浴がポイントとなる。

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

外気浴スペースで見上げると、以前使われていた煙突が天に向かって伸びる。

長坂氏は、既存の銭湯に特有の、男女のエリアを分ける壁の高さに注目。
「2250mmという寸法は低すぎず、高すぎず、ちょうど良い高さです。この高さをきっかけに、男女間でなんとなく想い合う関係をデザインしていきました」と語る。

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

脱衣所と風呂場の2250mm以下の壁はベージュカラーのタイルで統一し、それより上はコンクリートの仕上げに。

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

風呂場の壁に取り付けられた1本のステンレスの手すりは、壁の上部を乗り越えて男女間の風呂場をつなぐ。
この棒自体に機能は特にないが、握って揺らすと向こう側でも揺れる。男女間での応答を想起させる装置だ。

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

エントランスには、クラフトビールなどを提供する「番台バー」を設置。DJブースも備える。
デザインは提灯からインスピレーションを得たものだという。

「待ち合わせをする関係がストーリーとして生まれ、コミュニケーションできるように設計した」と長坂氏は説明する。


アーティストの高橋理子は〈黄金湯〉では総合プロデューサー兼、クリエイティブディレクションを担当。
設計は、高橋氏自身のスタジオも手掛ける、長坂常氏を起用した。

「銭湯という一見するとデザインを必要としない施設に、長坂さんの時代と本質を捉えるフラットな視点を組み合わせることが、ここから始まる新たな銭湯文化の価値を生み出す最良の方法と思ったためです」と理由を説明する。

高橋氏は、ロゴマーク、館内サイン、オリジナルグッズなどのデザインも手掛けている。

そして、先の2250mmを超えるスペースをつなぐ要素についても、長坂氏と協働。

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU ほしよりこ

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU ほしよりこ

壁の上のコンクリート壁に銭湯絵として描かれた「富士絵巻図」は、漫画『きょうの猫村さん』などで知られる、漫画家・ほしよりこ氏によるもの。

ほし氏に依頼した高橋氏は「男女をつなぐ長い銭湯絵がストーリー仕立てになっていて、お風呂に入った方もじっくり見たくなり、長居したくなってしまうような絵になっていると思います」と語る。

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

スキーマ 黄金湯 KOGANEYU

入り口を隔てる暖簾(のれん)は、アーティストの田中偉一郎氏に依頼。
「これも向こう側が気になる、お互いが繋がっているコンセプトを体現するデザインです」という。


なお、黄金湯の人気は、オープン前からクラウドファンディングで話題になっていたことも関係する。

押上の老舗銭湯「大黒湯」の姉妹店として黄金湯を営業する新保朋子氏と卓也氏は、老朽化に伴う「銭湯改修プロジェクト」を始動したものの、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響によって工事が一時休止に。

黄金湯 KOGANEYU 新保新保朋子氏(左)と新保卓也氏(右)。ユニフォームのデザインは高橋氏によるもの

「廃業する銭湯が跡を絶たないこの時代に、日本特有の銭湯文化を未来につなぎ、盛り上げていきたい」との想いで、工事休止もあって膨らんだ工事費用をまかなうためにクラウドファンディングを実施。

目標額を300万円に設定したところ、終了時点で1000人を超える支援者から約658万円が集まった。注目の度合いと参加者の熱量が、おおいに感じられる。

魅力的なサウナやビアバー、そして絶妙な高さの界壁や空間をつなぐ銭湯絵や暖簾。
新たな魅力と世界観を備えた黄金湯は、地元の常連客だけでなく、熱烈なファンを新たに生み出し続けている。
ぜひ“未来につながる新しい銭湯文化”を、体感しに訪れていただきたい。
(jk)

■黄金湯
住所:東京都墨田区太平4丁目14−6 金澤マンション 1F
平日・日曜・祝日 : 10:00-24:30
土曜日 : 15:00-24:30
定休日 : 第二・第四月曜日(その他、年末年始休業日などはホームページを確認のこと)
料金:大人 470円、中学生 370円、小学生180円、幼児 80円
公式サイト
https://koganeyu.com/

サウナで"ととのう"とは? 体験レポート

FEATURE2020.12.28

Special Report: Make "TOTONOI" with solo sauna tune

【内覧会レポート】“ととのい”必至!? 「ひとり空間」を追求した〈ソロサウナtune〉体験
FEATURE2021.04.01

Special report: Art meets Sauna - teamLab★Reconnect

【内覧会Report】チームラボが創造するアートとサウナの新しい体験「TikTok チームラボリコネクト」

奥深いサウナの世界

CULTURE2020.11.11
プロサウナーが選ぶ「SAUNACHELIN 2020」発表。スキーマ建築計画による〈黄金湯〉が第6位、1位は佐賀県武雄〈御船山楽園ホテル らかんの湯〉
CULTURE2020.09.30
日本初の完全個室のフィンランド式サウナが神楽坂に11月開業
CULTURE2021.03.29
坂 茂氏がサウナ空間をデザイン、山形のホテル〈SUIDEN TERRASSE〉スパ棟をリニューアル
CULTURE2020.07.03
坂茂設計 最上階にフィンランド式サウナを常設した木質免震構造のオフィスビルが名古屋に来秋竣工

そのほかの「サウナ」関連記事

BUSINESS2021.03.20
ナインアワーズの宿泊再生事業2号案件「カプセルプラス横浜 サウナ/カプセル」

長坂 常インタビュー

FEATURE2020.08.19

Interview with Jo Nagasaka & Shugo Moritani

〈T-HOUSE New Balance〉/ スキーマ建築計画
FEATURE2020.08.14

Study Series Movie

「スキーマ建築計画 長坂 常 インタビュー動画シリーズ」
FEATURE2020.08.03

Interview with Jo Nagasaka

#01 踏み込んで核心に触れる

スキーマ建築計画プロジェクト事例

CULTURE2020.06.17
長坂常氏が手がけるニューバランスのコンセプトストア〈T-HOUSE New Balance〉が7月にオープン photo: Takashi Homma
PROJECT2020.06.15

桑原商店 / スキーマ建築計画

地域に愛される酒屋を一新した「倉庫のような居酒屋」
PROJECT2020.06.13

ヘイ・トーキョー / スキーマ建築計画

2種類のインターフェースで成長し続ける店舗
PROJECT2020.04.19

ブルーボトルコーヒー三清カフェ / スキーマ建築計画

場所の特性を利用し、個性あるフロアを展開したカフェ
PROJECT2020.04.16

DESCENTE TOKYO / スキーマ建築計画

通りにアピールし滞留時間を長くする新旗艦店
  • TOP
  • FEATURE
  • INTERVIEW
  • 【Special report & interview】銭湯〈黄金湯〉の充実サウナ&ビアバー、絶妙な仕掛けを長坂 常氏と高橋理子氏が解説